不幸のはじまりは嫌な出来事や人ではなくそれを忘れられない心がつくるのだ

不幸は嫌な事を忘れられない心が作る

不幸とは、嫌な人や出来事が
もたらすのではなく
それによって引き起こされた
心や感情がもたらすのです

一度こういう感情が沸き起こると
今度はそれが心にへばりついて
離れなくなります

何度も何度もくり返し反芻するのです

こうして、心が不幸に
引きずり込まれていくのです

不幸は自分の心が引き起こすことを
まず知ることです

不幸の正体が見えてしまえば
それは自然と消滅していくものです

不幸は自分の中で決めている

不幸というのは、自分の中で不幸だと決めている場合が多いものです。

世の中で起きるすべての出来事には幸福・不幸といった色は付いていません。物事に幸・不幸といった色を付けているのは自分自身なのです。

ものすごい不幸だと思うことも、見方を変えれば、幸運だったということもあります。他人が何かをしたから幸福になった、あるいは不幸になった、などということは無いのです。

すべては、自分がどう受け止めたかということです。出来事の幸不幸は、心の持ち方一つで変わるものなのです。だから、不幸になることも幸福になることも自分次第なのです。

不幸や幸福とは、自分自身の心が作り出す価値観であって実在ではないということなのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!