依存心の強い人ほど怒りを溜め込みやすい

依存心の強い人は自分の人生を壊していく

依存心が強い人ほど
自分で責任を取ろうとしない

すべて誰かが
なんとかしてくれるだろう

そう考えている

その結果
自分の思うようにならないと
他人が何もしてくれないと怒りを感じる

本来自分がやらなければ
いけないことであっても
他人がしてくれない

だから、自分は悪くない
悪いのは他人の責任

こうなっていく

世の中は思いどおりいくことはない

自立できない依存心の強い人は
結局、怒りを溜め込んで
自分自身の人生も壊していくのだ

責任を自覚できないと失敗する

結局のところ、自分に起きるすべての出来事は、自分自身に原因があります。一見、他人のせいに思えることであっても、その原因は自分にあるものなのです。

しかし、誰もが自分の責任を認めたがらずに他人のせいにしたがります。こうなると、あとは、すべて周りが悪いと怒りの感情だけで行動しがちになります。

こういったひとは、自分の責任を全うせず、全て他人任せの人生になります。他人任せの人生ですから、自分の思うようにならず、そしてまた怒りを貯め込むことになるのです。

この溜め込んだ怒りは、最終的に自分や周囲の人間を傷つけることになっていくのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!