物が不足した時にそれが本当に必要かどうかが判る

モノは不足した時に必要性が判る

私たちはどうしても
多くのモノを所有しようとする

誰もが
「これは、絶対に必要なものだから」
そう自分自身に言い訳をし
どんどんモノを増やしてしまう

多くのモノを所有することは
生き方を複雑化させ
混乱させることにつながる

一度、必要だと思っているものを
無くしてしまって
本当に必要なものかどうかを
じっくり考えて見ることだ

人間が生きていく上で
本当に必要なものは
ほんの少しだということに
気づくはずだ

幸福とはモノをたくさん持つことではない

幸福になるということは、金持ちになったり、いろいろな物をたくさん持ったりすることではない。

お金や物を多く集めるほどそれに振り回されるようになる。もっともっと、欲しくなるのだ。集めれば集めるほど、いつも飢餓感を感じてかえって苦しくなってしまうのである。

物やお金を所有することには、真の幸福が無いことに気づくことだ。幸福と物質的な豊かさは決してイコールではないのである。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!