他人のために自分を犠牲にする考え方は間違いである

自分を犠牲にするのは間違い

いい人ほど他人の為にと
考えて行動しがちだ

これは自己満足でしかなく
むしろマイナス面が大きい

最初に自分とその周囲の人の
幸せが無ければ本末転倒であり
他人のために何もできない

往々にして、こうした自己犠牲に
人は酔いやすいし目的化しやすいが
それでは幸福になれない

自分が幸福であって
初めて他人を幸福にできる

まず自分の幸福が先にあっていい

我慢しても誰も幸福にならない

ともすれば、人は自己犠牲に走ってしまいます。
特にこれは日本人によく見られる傾向といってもいいです。

自己犠牲という行為は確かに美しいし誰もが感動を覚えます。
しかし、自分が我慢していたのでは、結局、だれもが幸福にはなれません。
ただ我慢する人ではダメなのです

米陸軍では新兵訓練の際

「死ぬことで国の役に立った兵士などいない!」

そう教えると言われます。

兵士たるもの、勝つまで生き抜くことで国の役に立つのだと。

海兵隊では

「海兵隊員は政府の所有物だ。
許可なくして死ぬ自由はない!」

このように教えるのだとか。

ここには深い真理があります。
大変な戦いであればあるほど、「死ぬ」ほうが「勝つ」より楽なのです。

そして、仲間がどんどん死んだら、自分だけ助かるのは申し訳ないという気になるでしょう。
けれども兵士がいくら死のうと、国が負けたら意味がないのです。

だからこそ、「自己犠牲の目的化」を阻止する必要があるのです。
道義的・美学的な潔さや、自己犠牲は現実に対して役に立たないのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!