うまくいかない時があるということは、うまくいく時だって必ずやってくる

うまくいかない時の考え方

人間は、悲観的な生き物で
ネガティブな面に心が引っかかって
不安をかきたててしまうものだ

しかし、すべてのものごとには
両面あるものである

何をしても、
うまくいかない時があるならば
反対に、何をしても
うまくいく時もあるのだ

そこに気がつきさえすれば
仔細な出来事に一喜一憂せずに
前を向いて進んでいけるものである

小さなことに一喜一憂しても意味がない

多くの人は、些細なことに一喜一憂しがちである。その日の売上とか、上司の顔色とか、恋人からのメール内容とか、株価の推移とかに、とうしても、いちいち反応し、一喜一憂してしまうのだ。

しかし、毎日起こるような小さなことに一喜一憂しても、現実には、ほとんど意味がない。また、そこにフォーカスしてしまうと視野が狭くなってしまって、その場しのぎの行動ばかりするようになってしまう。

考えるべきは、小事ではなく大局である。うまくいかない時があるならば、何をしてもうまくいく時もあるのだ。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!