幸福に生きるには絶対にお金が必要

お金の現実について俯瞰して考える

幸福に生きるには絶対にお金が必要になる。これは、誰も否定できないことだ。もちろんお金が全てということではないが、お金が無ければ不幸になることは間違いない。仮にあなたがお金に関心が無かったとしても、生活する上で必要なスーパーやコンビニ、銀行をはじめとして、あなたの周囲のほとんどは、あなたの「お金」に高い関心を持っていることは事実なのである。現実に生きるといういうことは、世の中がそういった世界であるということを冷静に見つめて、それでもその中でできるだけのことをするという姿勢だ。(内田游雲)

世の中には、お金に対するアレルギーというか、嫌悪感を抱いている人がかなりの確率でいる。これは、非常に問題がある。

まず、幸福に生きるには絶対にお金が必要になる。これは、誰も否定できないことだ。もちろんお金が全てということではないが、お金が無ければ不幸になることは間違いない。あなたの身の上に起こってくる問題の8割は現実としてお金で解決ができることだからだ。

逆にお金がなければ、大きな問題が起きるということでもある。つまり、十分な収入、もしくは資産というのは幸福になるための一つの条件だということだ。

これは、現実を見れば、誰もが否定することはできない。

お金を否定しては生きていけない

よく、「お金は重要ではない」という人がいるが、世界中のどこの国に行ってもお金がなければ、まともに生きていくことはできないだろう。

仮にあなたがお金に関心が無かったとしても、生活する上で必要なスーパーやコンビニ、銀行をはじめとして、あなたの周囲のほとんどは、あなたの「お金」に高い関心を持っていることは事実なのである。これは、誰が考えても間違いないことだ。

だから、この世界で生きていく以上、お金が重要であるという事実から、目を背けてはいけないのだ。お金は大事じゃないという人のほとんどが現実を見ていない、あるいは、わかっているけどあきらめているかのどちらかなのだ。

現実主義者になるというのは世の中がそういった世界であるということを見つめて、それでもその中でできるだけのことをするという姿勢を持つ人のことである。

あの、マザーテレサの集金力は有名だった。マザーテレサが亡くなった時、彼女の預金口座には、5000万ドル以上の大金が入っていたと言われている。実際のところ、社会事業を展開するには莫大な資金が必要であり、並外れた集金力があったからこそ、あれだけの功績を残せたのだ。

生活保護受給者やホームレスになったら、どんな大きな夢や理想を持っていたとしても、決して夢を追うことはできない。お金に対する自分の感情を一度見直してみることだ。そこに、行動を止めている何かがあるのかもしれない。

自分の人生を俯瞰してみる

ところで、あなたは、自分の人生を俯瞰して考えたことは有るだろうか?

少し視点を大きくして自分の人生をながめてみて欲しい。今後は、おそらく半分ぐらいの人が100歳近くまで生きることができる。では、60歳や65歳で定年して、老後必要なお金はいくらだろうか?

老後の生活は月28万が別に贅沢してなくても必要だと言われている。

一応、国は年金を支給してくれる。しかし、あなたが老後になったら、この年金も「無い」かもしれない。まあ、「年金がない」かもしれないという可能性はさておき、問題は、28万x12ヶ月x 年数(つまり、定年後に生きる人生の年数)。つまり336万円 x 年数の金額が老後に必要だということだ。贅沢してなくてもである。

残りの年数が、
10年ならば3,360万円。
20年だと6,720万円。
30年だと1億80万円

仮に支給される年金を計算に入れた場合、必要額はこの半分位になると考えていいだろう。

それでは、
「あなたの今の延長線上に老後資金の5000万円」
があるだろうか?

結局「同じ毎日を繰り返している」時、未来は「その延長線上」にしかない。これは、現実的に考えればそうしかならないのだ。ということは、ある日突然あなたのところにお金が発生することは絶対にないのである。

未来のお金で打ちのめされる現実

金利が望めない今、単に「貯金」という選択肢を選択したとしても、5000万円貯めるのにどれくらいかかるだろうか?

上記から簡単にわかるのは、毎月約20万貯めて、20年で5000万円だ。現在の貯金が0円だとして、45歳から貯金を始めて65歳で老後とするならば、20年あるので、毎月20万円の貯金でクリアできることになる。そう考えれば、老後月28万円で生活する老後を迎えたい場合、これから毎月20万円貯金することが必要だ。それを20年続ける必要がある。

一度自分の年齢と「老後にかかるお金の現実」をちゃんと計算してみることだ。

日本においては、大半の人は
「老後に自分の無計画さにうちのめされる」
という仕組みになっている。

もちろん、世の中には様々な意見がある。しかし、綺麗ごとはどーでもよくて、純粋に経理的に考えた場合に、老後20年生きていく経費を計算したとするならば、こうした数字になるのだ。

そして、これが間違いなく訪れる未来だ。

現実社会で今何をすべきか考える

ではここで今から「+いくらか増やす」とした時、労働 + 労働 ならば、体が持たくなる。あなたの未来は、今の体よりパフォーマンスの落ちた体になることは明確だからだ。

つまり、ほとんどの人が
「残りの人生で、今が一番肉体的にも能力的に最高の状態」
だということになる。

だから、何かに取り組むために最善な時は、「今日から」ということになる。来年はもっと体がいうこときかなくなる。再来年は、さらに落ちていくだろう。この世界に若返る人間は存在しない。だから、今何をしたらいいかを真剣に考えることだ。

現実に生きるといういうことは、世の中がそういった世界であるということを冷静に見つめて、それでもその中でできるだけのことをするという姿勢だ。確実に来る未来の状況のために、今何をしていくか。これが、現実社会を生きていく上で、大事なことなのである。

関連記事一覧

error: Content is protected !!