どれだけの収入が必要なのかを算出する

豊かになるためのステップを知ろう

豊かになるということは、漠然とイメージしていても、それがかなうということはない。どれだけ具体的に望みを明確にできるか、そして、それを実現するための現実的な方法を考え、計画し実行できるかである。、諦めずにそれに向かって熱意を持って努力し続けさえすれば、いつしか目指した豊かさに到達しているはずだ。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトの「洩天機-運の研究」は運をテーマにしている。他にも宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考える「気の経営」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

正確にいくらのお金が必要なのかを知る

私たちは、豊かになるために、具体的に何をしたらいいのだろうか?

まず最初に、何のためにお金が欲しいのかを考えてみることだ。ただし、「生活のため」というのではいけない。なぜなら日本では、働かなくても、生活保護を受ければ、生活ができてしまうからだ。もっとも、それがいいという人は、そういう人生でも構いわない。

選択は自由だからだ。

しかし、おそらくあなたは、「もっと良い暮らしをしたい」と思っていいだろう。

そこで、「良い暮らし」とは何なのか?
そのために正確にいくらのお金が必要なのか?

これを明確にしておく必要があるのだ。

望む生活に必要な収入を試算してみる

まず、具体的に、リストを用意して、紙に書き出してみる。

まずは、月々の支払いを洗い出す。

例えば、

食費、家賃(住宅ローン)、衣料費、自動車ローン
光熱費、教育費、娯楽費、保険料、貯金・・・

こうした、自分で思いつく毎月支払うものを全て洗い出す。

ただし、ここで、ひとつ注意が必要だ。それは、現在の支払う金額を書くのではない。そこに書く金額は、あなたが、将来望む生活を送るのに必要な金額の試算を書くのだ。

たとえば、今は家賃8万円のアパートに住んでいるが、理想は家賃30万円のマンションに住みたいなら30万円を計上する。こうして、理想の生活を送るために必要な金額を書き出していく。

これは、思いつきで金額を決めてはいけない。真剣に考えて、自分が何をしたいのか。そのためには、どれだけの収入が必要なのかを正確に算出することが必要になる。

これは、是非、実際にやってみて欲しい。必ず後で、やってよかったと思えるはずだ。

望む生活を試算してみる

現実化できる方法を考えてみる

さて、欲しい金額は決まっただろうか。まず、それを紙に書いてどこかに貼り、それを眺めてみる。さらに、どうすればそれが実現できるかを考えるのだ。

ここで、祈るとか引き寄せるとかは無しだ。もちろん、そうした力を否定するわけではないが、よく現実的に考えてみればいい。今の毎月の収入が20万円のものが、祈ったからといって月収100万には絶対にならない。

お金を生む活動は2つしかない。
自分で稼ぐか、お金に働かせるかだ。

これ以外にはありえない。

仮に、あなたが毎月100万円が欲しいとする。これを実現するためには、副業で収入の流れを増やすか、自分でビジネスを行うか、投資でお金に稼がすしかありえない。いつまでも、サラリーマンだけをしながら月収100万円が欲しいといっても、それは、決してかなわない願いだということを、あなたはしっかりと理解すべきだ。

豊かになるということは、漠然とイメージしていても、それがかなうということはない。どれだけ具体的に望みを明確にできるか、そして、それを実現するための現実的な方法を考え、計画し実行できるかである。

あとは、諦めずにそれに向かって熱意を持って努力し続けさえすれば、いつしか目指した豊かさに到達しているはずだ。

関連記事一覧

error: Content is protected !!