お金を手に入れるためにはコストがかかる

お金のコストについて知っていますか

お金というのは、ただ何かを買ったりするだけではありません。

「お金」そのものもまた、何かと引き換えにして手に入れなければならないものなのです。
つまり、「お金」を手に入れるためには、コストがかかるということなのです。

お金を手に入れるにはコストがかかる

お金と引き換えにするものの中で、私たちが真っ先に思い浮かべるのが「時間」です。
時間は、ほとんどの労働について基本的な交換単位となっています。
お金がもっと欲しければ、そのために費やす時間を増やすのが普通です。

そして、私たちはこれまでずっと、もっともっとお金が欲しいと思ってきたわけです。

しかし、ある調査では、
「あなたにとって一番大切なものは何ですか?」
という質問に対して、67%が「自由な時間」と答えています。

一方でお金を一番にあげた人は、13%しかいませんでした。

私たちは時間が大切だと知っています。
しかし、実際にやっていることを見れば、働くだけで自由時間を大切にしているとは、とても思えないのです。

私たちは、お金があればもっと多くの時間を買い戻せると信じて、お金を時間を引き換えにしています。
しかし、その重要な時間の交換レートというのは、雇用側の一方的な提案に従うだけしかないのです。

そして、だいじな時間はどんどん足りなくなっているのです。

お金と引き換えにしているもの

時間以外にも、お金と引き換えにしているものがあります。
以下にいくつかあげてみますね。

まず、「自由」です。

お金を手に入れたい目的の一つに、自由を手に入れたいということがあります。
しかし、この自由を手に入れるために、長い期間、働きづめの日々を送ったりします。
労働時間を増やすということは、単に時間をなくしているだけではありません。
自由の象徴であるお金を手に入れようとして、かえって自由を失っているのです。

そして、「健康」です。

日本では、以前、過労死という言葉が新聞をにぎわしていました。
これは、健康とお金を引き換えにすることの極端な例かもしれませんが、現実に過労は身近なところで影響を与えています。

心の病の増加、特に不安やうつなどは、仕事とお金から生まれるストレスが大きな要因となっています。
私たちは、お金を得る為に、精神的にも肉体的にも傷ついています。

まだまだあります。

お金は、「人間関係」にも影響を及ぼします。

夫婦や親子、親族の間でも、お金は最も一般的ないざこざの原因です。
離婚原因の多くがお金にその原因にあります。

人間の幸福感と最も関係が深いのが、結婚生活だといわれています。
その次が、家族や友人などとの人間関係、充実した生活、運動、精神の充実、といったことが上げられます。
しかし、お金を多く稼ごうとすれば、たいてい結婚生活は真っ先に犠牲にされます。
それどころか、幸福に関係の深いものは、すべて金銭的な富を得る為に犠牲になる場合が多いのです。

お金を通じて幸福を得ようとすれば、かえって幸福を遠ざけ、代わりに、怖れや妬み、欲望、そして恥ずかしさが生まれるというジレンマがあるのです。

お金の持つ2つの顔と2つの力

では、「お金」を得るためになぜ、人生にとって、最も大切なものを売り払うようなことになるのでしょう?

実は、お金には2つの面があります。

一つは、単純な算数の面、つまり、足し算と引き算です。

持っているものを使う。
稼いだものを貯蓄する。

こういった単純な面です。

もう一つは、無意識の内に身に付いてしまった、お金に対する意識や感情の面です。

「お金」に対する感情、意識とは、心の底に刻み付けられたものです。
この無意識によって「お金」に対する行動が規制され変わってきます。

そして、誰もが「お金」に対して2つの力を働かせています。
「引き寄せる力」と「引き離す力」です。物理でいう引力と斥力ですね。

そして、このそれぞれに、お金の2つの面が作用しているのです。

人生を生きていく上で、絶対的に「お金」は必要です。

その「お金」を得るためには、この、お金の持つ2つの面、つまり「お金」に対して及ぼす2つの力について、私たちは、しっかりと理解しておく必要があるのです。

関連記事一覧

error: Content is protected !!