最も有効なアドバイスをしてくれるのは自分の夢に到達した人たちである

有効な助言をくれるのは同じ夢に到達した人

何かに迷っやり
新しいことを始めたりする時に
誰かに相談することがある

ただし、この相談をする相手を
間違ってはいけない

自分と同じの夢に既に到達した人に
アドバイスを求めるべきである

しかし、多くの人が
全く関係ない人に聞いてしまう

その結果、正しい答えが得られず
出鼻をくじかれることになるのだ

誰かに相談してもいいのだが
誰に相談するかをよく考えることだ

無闇に友人や知人に相談しても意味はない

同じように、何かに悩んだ末に友人や知人に相談する人もいる。しかし、こうした場合に、前向きなアドバイスをしてくれることはほとんどない。

そもそも、友人や知人がその分野の専門家であることはまずないので、判断できるはずも無いのだ。相談するなら専門家にお金を払って相談すべきだ。そうすれば、たいていの場合、正しい答えを導き出してくれる。

しかし、ただの友人や知人の場合はそうではない。それでも、往々にしてこういった役に立たない助言を聞いて、結局何もできない人が数多くいる。相談する人を間違わないことだ。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!