人は感情で行動すると期待が外れて不幸を感じることになる

感情で行動すると不幸を感じる

人が不幸を感じる時は
自分の期待していたことが
思いどうりにならなかった時です

しかし、この期待とは
そもそも自分が勝手に思い込み
感情で作り上げたものなのです

感情で、勝手に期待をし
それがうまくいかないと感情で
勝手に不幸を感じてしまうのです

だから理性を持って考え行動すれば
こういった不幸を感じることは
ほとんどなくなるのです

人は自分の感情を勝手に加える

世の中の出来事は、本来とてもシンプルです。しかし、人間はそこに自分の感情をプラスします。

好きや嫌い、過去の記憶、こういったものを起きた事実に重ねて、感情的に考えて行動をとります。こうなると、物事が混乱し、たいていの場合悪くなっていきます。

そうではなく、事実をそのまま受け入れれば、問題のほとんどが無くなっていることに気づくのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!