人はじっとしているより激しく動いている方を評価する傾向にある

人は激しく動いている方を評価する

バタバタ動いている人を
人は、一生懸命やっていると
勘違いしています

実際には、効率悪く
ただ動いているだけなのです

状況によっては
むしろ動かないほうが
いいことも多いのです

それを、何もしていないと捉え
動いている方を評価しがちなのです

本当に効果的な行動とは
無駄の動きが無く
動いていないように見えるものです

動かないことも重要な方法

問題が起きた時に、バタバタしてしまってはむしろ問題が拡大していくことが多いものです。そこを敢えて動かずに、じっとしていることで、問題の本質が見えてきます。

さらに、世の中は、一番困っている人間が最初に動くものです。そこを見据えて、カウンターを当てることで、問題は最小の労力で、さらに最善の形で解決していくものです。

問題が起きた時に、敢えて動かないことも重要な方法だと知っておいてください。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!