人間は夢があるから生きていける

あなたは夢を持って生きているだろうか

人間には夢を持ち、それを実現するという、生まれながらの権利がある。世界中の全ての人に、自分の夢を最大限に生き、夢を用いて本来生きるべき人生を作り上げる権利があるのだ。私たちの存在に意味があるのも、夢のおかげなのである。夢が有るか無いかで喜びと情熱に満ちた人生を生きるか、静かな絶望の人生を生きるかが決まるのだ。あなたにも、夢を実現する生まれながらの権利が有るのである。(内田游雲)

成功を目指すなら夢を持とう

あなたには夢を持ち、それを実現するという、生まれながらの権利がある。世界中の全ての人に、自分の夢を最大限に生き、夢を用いて本来生きるべき人生を作り上げる権利があるのだ。

しかし、もし、今あなたが、夢を持つことを忘れてしまっているとしたら、それはなぜなのか一度考えてみることである。夢を持つことは生きることだ。そして、夢を持つということは、未来への興奮と可能性を感じることなのだ。

世界的な文豪のゲーテはこんな言葉を残している。

「夢に見ることができるのなら始めなさい。
人の夢には魔法の力があるのだから」

(ゲーテ)

人は夢があるから、朝、ベッドから飛び起き、元気に一日を始めようという気になれるのだ。夢は人生の原動力であり推進力なのだ。

そして、私たちの存在に意味があるのも、夢のおかげなのである。夢が有るか無いかで喜びと情熱に満ちた人生を生きるか、静かな絶望の人生を生きるかが決まるのだ。

夢を持つことを忘れてはいけない

あなたにも、夢があるはずだ。もう忘れてしまったかもしれないが思い出してみることだ。

「夢を持つのは止めて現実的になれ」

そう、誰かに言われて捨ててしまったのかもしれないが、それでもあなたには夢があったはずだ。

たとえ、年齢がいくつになったとしても、夢を持つことを止めてはいけない。

なぜなら、その夢に惹かれて、多くの人が集まっているからだ。夢を持ちそれを実現するのは、生きている人間の義務なのだ。

だから、その夢を周囲に伝え、一緒に実現することだ。こうした夢があなたや周囲を繁栄に導いていくのである。

世界の全ては誰かの夢から始まっている

この社会に存在するものは、すべて誰かの夢から始まった。

とてつもない業績やとてつもない発明は、誰かがそれを夢見たところから始まっている。そんなこと、どうせできっこないと考えてしまったら、世の中の全ては無かったのだ。

ある普通の人の中に芽生えたちょっとした夢が、全ての発明、全ての技術革新、そして、全ての医学の進歩につながっている。文明の夜明け以来、社会の進歩は全て誰かの夢によってもたらされてきた。

あなたにも、夢を実現する生まれながらの権利が有る。自分の夢を最大限に生き、夢を用いて本来生きるべき人生を作り上げる権利が有るのだ。

もし、あなたが、夢を持つことを忘れてしまっているとしたら、それはなぜなのか考えてみることだ。

あきらめずに夢を持ち続ければ必ずそれが実現する。
世界中の全ては夢から始まっているのだ。

【参考記事】:

関連記事一覧

error: Content is protected !!