望めばあなたの夢はすべて実現できる

夢の実現に必要なこと

あなたは、人生で望むものを何でも手に入れることができる。望めば、夢はすべて実現できる。これは、何が欲しいかを決め、それに向かって行動する意思を持つかどうかだけの問題なのだ。この世の中にあるすべてのもの、生活や仕事を楽にする機械などの発明品、今まで歌われた歌、今までに書かれた本、その他大きいものも小さいものも全て含めた人類の業績は、全て想像することから始まった。全ての偉大な業績は、それを成し遂げた人の夢から始まったのだ。(内田游雲)

あきらめずに夢を持ち続ければ、必ず実現する。なぜなら、この世界の新しいことは、誰かの夢から始まっているからだ。しかし、現実には、その夢を実現することのできる人は、ほんのひと握りしかいない。なぜかというと、ほとんどの人が、「夢」と「夢を実現する方法」を混同しているからだ。

例えば、あなたは収入を増やしたいですか?
その場合には、どれくらい増やしたいですか?

それがたとえどれくらいの金額であったとしても、あなたの望む収入を稼いでいる人は、この世の中には、実際に思った以上にたくさんいる。大事な事は、その人達も自分も同じ人間だということだ。唯一の違いは、彼らは自分の人生に何を望むかはっきりと知り、それに向かって行動していることである。

あなたは、人生で望むものを何でも手に入れることができる。望めば、夢はすべて実現できる。これは、何が欲しいかを決め、それに向かって行動する意思を持つかどうかだけの問題なのだ。

夢を実現し望むものを手に入れる

まずは、ノートに自分の夢を書いてみよう。やりたいこと、なりたいもの、欲しいもの、誰かと分かち合いたいもの、こういったことを全て書きだしてみる。

どうやって、それらを実現するかは、今は、心配しなくていい。いまのところは、自分が本当に欲しいものについて知るだけで十分だ。

思いつく限りのものをリストにしていく。どんなに突拍子もない事でも構わない。後から、本当に必要なものだけに絞り込んで行けばいいだけだ。それよりも、現実的な考えに囚われて、リストを編集しないようにする。

「できるわけがない」
「そんなもの、高すぎて買えない」

こうした、心の声を無視することだ。理性や理論も大事だが、夢を見る場合には全く必要がない。

欲望に身を任せる

ほとんどの人が、自分の潜在能力に気づかずにいるのは、やらないうちから自分の理性に「やめろ」と言われてしまっているからである。

例えば、あなたが、

「高級車が欲しい」

そう考えたとする。

すると、その夢が自分の中に根付く間もなく、理性の声が、

「馬鹿な事を言うな。
 どこからそんな金が出るんだ」

そう口をはさむのである。

とりあえず、理性の声を無視して、欲望に身を任せる方法を学べば、意中の新車を手に入れる方法は、じつはいくらでもあるのだ。

方法を考えると可能性が狭まる

欲しい車を手に入れる方法は、現実には限りなく存在する。懸賞で当たるかもしれないし、誰かに使ってくれと言われるかもしれないし、お金を貯めて買ってもいい。大切なのは理性にたしなめられる前に、想像力をフルに発揮して願うことだ。とりあえず、理性の声を無視して、夢を実現できると信じればいい。

そして、どんなにばかばかしくても、その夢を実現する道筋を想像してみることだ。実際には、自分で考える以上の方法が世の中には存在する。この世界は可能性に満ちているのだ。

ですから、本当は、ただ求めるだけで最終的には実現するのだが、人間は、自分でその道筋を考えないと不安で、できないと思い込む。だから、今はとりあえず、自分でそこに到達する道筋を考えてみればいい。そうすることで、実現に向けて歩みだすことができるだろう。

すべては想像から始まった

この世の中にあるすべてのもの、生活や仕事を楽にする機械などの発明品、今まで売らわれた歌、今までに書かれた本、その他大きいものも小さいものも全て含めた人類の業績は、全て想像することから始まった。全ての偉大な業績は、それを成し遂げた人の夢から始まったのだ。

とてつもない業績やとてつもない発明は、例外なく誰かがそれを夢見たところから始まっている。そんなこと、どうせできっこないと考えてしまったら、それは無かったのだ。

あきらめずに夢を持ち続ければ、必ず実現する。なぜなら、この世界のすべては夢から始まっているからだ。だから、まず夢を持ち、その実現に向かって行動をすればいい。それが、あなたの望みを唯一叶える為の方法である。

夢を抱く人は多くいます。 しかし、その夢を実現することのできる人は、実際にはほんのひと握りです。これが現実の姿です。 では、なぜそういうことが起きるのでしょうか? それは、ほとんどの人が、「夢」と「夢を実現する方法」を混同しているからなのです。

あなたはなぜ夢を実現できないのか

夢を抱く人は多くいる。しかし、その夢を実現することのできる人は、実際にはほんのひと握りだ。これが現実の姿である。では、なぜそういうことが起きるのだろうか。それは、ほとんどの人が、「夢」と「夢を実現する方法」を混同しているからだ。

例えば、
「お金が欲しい」
という夢を持ったとする。しかし、そのお金を持つ本当の目的は何だろうか。

これをはっきりさせるにはお金を得て何したいのかを考えてみればいい。

美味しいレストランで豪華な食事を楽しむのが目的なら、それであれば、夢は、「お金を得る」ことではなくて、「豪華な食事を楽しむ」ことになるはずだ。そうであれば、お金が無くても実現する方法が限りなく存在する。

「高級車に乗りたい」というのが夢だとすると、その本当の目的は何だろうか?

他人からすごいと思われたいのか、それとも、美女をナンパしたいのか。これも、他にも方法が無限にあるはずだ。こうしたように、なまじ、自分でそれが夢だと思い込むために、本当の夢を実現できる可能性を著しく下げてしまっているのだ。

真の夢に気づけば実現できる

つまり、あなたの夢を実現から遠ざけているのは、夢と夢を手に入れる為の方法との混同であり、あなた自身が勝手に作り上げた思い込みなのだ。

あなたがお金を欲しい理由は何だるか?

「借金を払わなきゃいけない?」

その場合の本当の夢は、

「お金の心配をしないで安心して暮らしたい」

これでいいはずだ。そうだとすれば、お金を手に入れる以外にも、数多くの方法が存在することに気が付くだろう。その夢が何であれ、その本当の望む姿を自分でしっかり描ければ、あとは無限の可能性が、そこに広がっている。

実現する方法など、小さい頭で考える必要は、まったくないのだ。自分の頭で考えた方法など、可能性のほんの一部にしかすぎない。この世界には可能性が無限に広がっている。だったら、その可能性に委ねてしまったほうが、夢は確実に実現するのだ。

関連記事一覧

error: Content is protected !!