やりたいことが先延ばしにされる理由

行動は計画を立てることから始めよう

他人の思惑に左右され、やりたくないことをやって、本当のやりたいことを後回しにする。そんな生き方を多くの人が強いられている。しかし、やりたいことを実行に移さない理由などない。ただ単に先延ばしにしていただけだ。あなたは、自分の人生を軽く扱っていないだろうか?(内田游雲)

あなたは、自分の人生を軽く扱っていないだろうか?
今、この瞬間をきちんと生きているだろうか?
誰かに言われたり他の事の都合で、自分のやりたいことを我慢し後回しにしていないだろうか?

他人の思惑に左右され、やりたくないことをやって、本当のやりたいことを後回しにする。そんな生き方を多くの人が強いられている。それでは、自分の人生を生きているとは言えないのだ。

やりたいけれど、先延ばしにしてきたことが何であれ、今、それをやると決心するべきである。まずは、そこからだ。

行動が先延ばしにされる理由

しかし、ただ決心しただけでは、これまでと同じである。結局、先延ばしにされることになる。
そのうちに、他のことを優先させる力が、内外から働いて、これまでと同じ状態に戻ってしまうものだ。

だったら、決心したらすぐに行動を起こせばいい。
その為には最初に計画を立てることから始めよう。

やりたいことに必要なものを調べ、その費用はいくらかかるかをまず計算する。
まずは計画を立てることから行動を起こすのである。

たいてい実行に移さない理由などないものである。ただ単に先延ばしにしていただけだ。

それでは、いつでも「いつかやる」のリストに入れられたままになってしまう。そのうちに、他の「やらさせる」ことが増えて、「やりたいこと」ができなくなるのことになる。

その「いつかやる」は、「今」なのだ。

計画を立てるという行動を起こす

たいていのことは、実行することは簡単である。
必要なのは、行動を起こすことだけだ。

「あなたが、前からやりたかったことは何だろうか?」
「それにはどんな準備が必要なのだろうか?」
「実行予定日はいつにするか?」

とにかく計画を立てることから、行動を起こすことだ。計画を立てるという、小さな行動をとりあえず起こすことで、その次の行動が見えてくる。その次の行動が見えてくれば、何を次にすればいいかが決まりる。愚直にやることが決まれば、それを実行する計画を立て、行動に移せばいいのだけだ。

こうすることで、行動に拍車がかかり、「やりたいこと」を止める力が働く時間がなくなる。行動できない理由は、途中にある具体的なステップが見えていないからだ。これを、明確にするだけで、行動できる確率は飛躍的に向上する。

まずは、今、計画を立てるという行動をすぐ行うことだ。
この小さな行動があなたの人生を変えていく。

関連記事一覧

error: Content is protected !!