不幸や失敗の本当の原因は恐怖心である

不幸や失敗の原因は恐怖心にある

人間は、そのままでいると
マイナスの感情に引き寄せられる

まだ起きてもいない悪いことばかり
考えるようになるのだ

こうして引き起こされた恐怖心が
失敗を引き寄せていく

人は何かを望んでいたとしても
その裏で現状が変化することに
大きな恐怖を持つものだ

何かを真剣に取り組んでも
現状の変化に対する恐怖心が
物事を失敗に導いてしまうのだ

何かを求めるときには
自分の心の中にある恐怖を
まず解消することが大事である

自分の感情を観察して
自分の中に生まれてくる
恐怖に打ち勝つことが
運命を開いていくコツなのだ

自分の心から恐怖を追い出す

成功を願っても、ほとんどの人がうまくいかない理由は、失敗するのではないかという恐怖心が心を占拠してしまうからだ。

「上手くいかなかったらどうしよう」
「失敗したらどうしよう」

こうした恐怖心によって、心がマイナスの感情に占拠されてしまうのだ。

しかも、恐怖心は、勝手にその内容をありえないほどに増幅していく。だから自分の心から恐怖を追い出し、客観的に考え、恐怖心を克服することが必要なのだ。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!