あなたはもっと我儘に自分らしく生きていい

あなたは自分の人生を軽く扱ってはいけない

多くの人が自分の人生をもっと大事にするべきである。自分自身が、自分をもっと大事に考えないといけない。やりたいことができないということは、結局、心の中に不満をため込んでしまうことになる。不満が溜まるとそれが怒りに変わり、蓄積されるとどこかで爆発したり、心身の異常をもたらすことになってしまう。自分の人生の主人公は自分なのだから何の遠慮もいらない。(内田游雲)

あなたは自分を最優先していい

私の仕事は、ビジネスコンサルタントであるが、クライアントの社長に頼まれて、しばしば運命鑑定をすることがある。そんな時によく感じることが、多くの人が自分の人生をもっと大事にするべきであるという点だ。

これは、他人がどうこうということではなくて、そもそも自分自身が、自分をもっと大事に考えないといけないということである。

日本人の特性なのか、多くの人が自分のことを後回しにする傾向がある。仕事のため、家族のためといいながら、自分のやりたい事、自分が目指している事、そうしたことを、後回しにする傾向があるのだ。しかし、本当は自分自身を最優先してもいいはずなのだ。

しかし、日本人は昔から、狭い共同体の中で生きてきたため、自分自信のことよりも周りを優先する傾向がある。お家のためにと命を懸けた武士の時代から、そう思う癖をDNAに刻み込んで来てしまったようだ。

それで、不満がないのであればいいのだが、やりたいことができないということは、結局、心の中に不満をため込んでしまうことになる。不満が溜まるとそれが怒りに変わり、蓄積されるとどこかで爆発したり、心身の異常をもたらすことになってしまう。

仕事を言い訳に先延ばしにしない

仕事などを言い訳に、やりたいけれど先延ばしにしてきたことをぜひやってみたほうがいい。自分の人生を大事にし、周囲に遠慮することなく堂々とやっていくことである。

それも、今すぐにやることを決心することだ。そのための計画を立て、必要なものを調べ、費用はどれくらい価格か計算する。大事なことはとにかく、今、行動を起こしてみることだ。

まずは、計画を立てることからでいいので行動に移してみて欲しい。

あなたは、仕事のためにとか、家族のためにとか、周囲のことを優先するのではなく、まず自分のことを最優先に考えて構わない。

もちろん、だからといって社会のルールを逸脱することは勧めない。それは、かえって自分自身を傷つけることになる。

あなたは自分の人生を生きているか

ありきたりな言葉だが、自分の人生の主人公は自分なのだ。だから、なんの遠慮もいらない。あなたは、もっと自分らしく生きていいのだ。なぜならあなたの人生なのだから。誰にも気兼ねすることなく、やりたいことをやればいい。

人生は、まず自分自身が幸福になるためにある。他人の人生の為にあるのではない。まず自分の人生を好きなように生きるようにすればいい。

そのほうが、あなたの人生は輝き繁栄をもたらすことになるはずだ。

関連記事一覧

error: Content is protected !!