人生の目的が明確であれば道は開ける

人生の目的を持つことが自分の人生を発展させる

あなたは、人生の目的を明確に持っているだろうか。この目的は何であってもかまわない。そもそも人生の目的など、そう簡単に見つからないし、理解できるものでもないのだ。人生の目的は、それまで身に付けてきた知識や体験によって初めて定まっていく。この目的があれば、どんなに辛い時期も乗り越えられる。人生の目的が明確で確固たるものであれば必ず道は開けるのだ。(内田游雲)

働く目的が明確になっているか

あなたは、人生の目的を明確に持っているだろうか。
あなたは何をする為に、毎日仕事をしているのだろうか。

いきなり、こんな質問をされて、すぐに答えられる人は、じつはほとんどいない。だから、目指す方向がぼやっとしたまま毎日忙しく行動しているのに、現実には、たいして成果を上げられていないと悩んでいる人がとても多いのである。

朝から晩まで忙しく頑張って働いているのに、仕事がうまくいかなかったりというように、いつまでも同じような繰り返しになっている。これはなぜかというと多くの場合、人生の目的を明確にしないでいるために、ただ、なんとなく日々の仕事をしているだけで、時間を過ごしてしまっているからだ。

明確な目的がないから、結局のところ、なんとなくの結果しか手にできないのだ。

「この行動の目的は何なのか?」

こうしたことを常に考えていれば、多少なりとも良くなっていくものですが、それをまったく考えていないので変化がほとんどないままなのである。

人生の目的を定めれば方向が見える

例えば、行動の目的が、東京から大阪に向かうと決まっていれば、歩く方向や電車に乗る方向は大阪になるので、大阪に向けて進んでいくことになる。それがたとえ、回り道だったとしても、最終的には大阪に近づいていける。

しかし、ほとんどの人は、そもそも目的がはっきりしていないので、東京駅付近でただ、ぐるぐる歩いているような状態なのだ。

目的とは、言い換えれば、「エネルギーを使う理由」だ。貴重な時間や労力、お金などを使って何かをする理由である。これが明確になっているかどうかで、結果が変わることは当然の結果なのである。

目的があるおかげで、私たちは毎朝起きることができるし、逆境にも立ち向かっていける。その結果困難を乗り越える為の強さを手に入れることができる。人生の目的が明確で確固たるものであれば必ず道は開けるのだ。

「私はなぜこれをしているのか?」

明確な目的は、この質問に答えを与えてくれるのである。

人生の目的は簡単に見つからない

この目的は何であってもかまわない。そもそも人生の目的など、そう簡単に見つからないし、理解できるものでもないのだ。

人生の目的は、それまで身に付けてきた知識や体験によって初めて定まっていく。その上定まったと思ってもまた、目的は少しづつ変わってきたりもする。しかしそれでも、この目的があれば、どんなに辛い時期も乗り越えられる。そして、その困難を乗り越えた時に、困難に打ち勝ったという自信も得ることができるのだ。だからこそまずは働く目的を持つことである。

見つからなければ一生懸命探すことだ。どうしても見つからなければ、とりあえず何でもいいので一時的に目的を強引に決めてしまえばいい。

「大金持ちになる」
「誰かの役に立つ」

何でもいい。その目的に向かって行動していくうちに、自ずと本来の人生の目的に気づくものだ。目的を持たない行動は、いくら頑張ってもほとんど無意味な行動になってしまう。

だから、まず人生の目的を明確にするために働く目的を持つこと。
ここから始めてればいい。

関連記事一覧

error: Content is protected !!