人生の目的を自覚することで人生は輝く

人生の目的を明確にし自覚すること

あなたは、仕事やビジネスをやることで、達成すべき人生の目的を持っていますか?

いきなりの書き出しですが、最近、私はこのことについてよく考えることがあります。

そもそも、自分の人生の目的とは何だろう?
自分がやっている仕事やビジネスの目的とは何だろう?

こうしたことです。

人生の目的を明確にしていますか

ここで言うところの、仕事やビジネスの目的とは、数字の事ではありません。
例えば、売上を増やそうというのは目標です。

そうではなくて、あなたは仕事を通して、何を実現していくかということです。

それは、社会に向けてでもいいし、自分自身に向けてでもいいのですが、とにかく、明確な目的があったほうがいいのです。

こうした人生の目的は、通常は、自分の魂の奥深くに埋められています。
これこそが、生きる目的であり、あなたが仕事をする理由なのです。

この目的を自覚すると、多くのインスピレーションを得ることができます。
そして、情熱とエネルギーが、魂が欲する夢やビジョンに合った素晴らしい人生を創造することができます。

あなたが仕事やビジネスを行っていく上で、自分が存在する目的、つまりインスピレーションを感じる動機付けを持っていなければ、訪れる困難に向かっていく気力を維持することができません。

小さな動機は小さな時を引き寄せ、偉大な動機は偉大な富を引き寄せ、不滅の動機は、膨大な富を引き寄せます。

「なぜ仕事やビジネスをやるのか?」

その理由が大きいほど、手に入れられる富も大きくなります。
また、どのような行動を取るべきかも、自ずと見えて来るものなのです。

偉大な目的がある仕事やビジネスは、周囲を巻き込んで、大きな流れを創り出します。
しかし、目的が無ければ、それは叶わないのです。

あなたの仕事やビジネスの目的とは何か?
また、あなたの人生の目的とは何か?

ぜひ、ここを明確にしていって欲しいのです。

最終的な人生の目標を持つこと

もし、必要なお金は全てあり、絶対に失敗しないとしたら、あなたは何をするでしょうか?
あなたは、自分の時間とエネルギーを何に一番注ぎ込むでしょうか?
あなただけができる世界への貢献は何でしょうか?
あなたにとって、大切な事とは何でしょうか?

あなたが成功したいのであれば、こうした最終的な人生の目標を持つことが必要です

私たちは、何かをする為に、この世に存在します。
だから、自分の存在意義を発見し、それに向かって進んで行くことです。

そうすれば、夢にも思わなかったような人生が現れるはずです。

最終的な人生の目標を持つこと

そして、ぜひ理想の人生を送ると、今、決心してください。
あなたには、必要な道具はすべて揃っています。

最善を尽くして、夢を追い求めることを、自分に対して約束してください。
自分は成功すると今すぐ決心するのです。

あなたの欲しいものが何であれ、それは、あなたのことを待っています。
あなたのやることは、欲しいものを決め、行動を起こすことだけなのです。

既に自分が人生に望むものがはっきりと自覚できていれば、それは全て叶うのです。

なりたい自分を先に決める

ここで、注意をして欲しいのは、ほとんどの人は、目標や計画を考えるときに、

「自分には何が出来そうか?」

ということを考えます。

その結果どうなるのかと言うと、今ある予算と、今ある時間と、今持っているスキルを使って出来る目標や計画ばかりになります。

そして、今あるお金や時間やスキルで出来ることというのは、今の生活とたいして変わらないことであって、生活はいつまでたっても同じ感じになります。

一方、次々に夢を叶えていく人や、大きなことを成し遂げる人は、どのように考えるのかというと

「自分はどのようになりたいのか?」

こうした視点で考えます。

今あるお金や、今ある時間や、今あるスキルをどうやって活用しようかと考えるのではなく、自分はこうなりたいと先に決めそのために何が必要かを考えるのです。

そして、必要なお金や時間やスキルを調べたら、例え今持っていなかったとしてもあきらめず、これから手に入れようとするのです。

だからこそ、今あるお金や時間やスキルの範囲内で行動しようとする人より、大きな夢を叶えることが出来るようになるのです。

なりたい自分を先に決める

もしあなたも、

「自分には何が出来そうか?」

この出発点から計画を立てていた場合には、今後は、そのように考えないようにすることをお勧めします。

そして
「自分はどのようになりたいのか?」
から計画を立てて、その為に必要な行動を一つ一つやっていくことです。

ちなみに
「行きたいけど行けない」とか
「やりたいけど出来ない」というのも
「自分には何が出来そうか?」の思考パターンです。

行きたい場所に行ったり、
やりたいことをやる人はこのように考えず

「どうすれば行けるだろうか」
「どうすれば出来るだろうか」

そう考えるものです。

物事の考え方一つで人生は大きく変わってしまいます。
まず何をどこから計画するかには、くれぐれも気をつけてください。

そして、あとは、決して、決して、あきらめないことです。

諦めなければ失敗しない

この世界には、絶対の成功法則は存在しません。
しかし、成功の反対は失敗です。

であれば、失敗しなければそれは、成功に限りなく近づくことになります。

失敗の定義とは、それがなんであれ、

「その目的地に到達できないこと」

です。

ですから、厳密に言えば世の中には、成功者は存在しません。
存在するのは、失敗した人と失敗していない人だけなのです。

そして、失敗する原因はただ一つ

「諦めること」

なのです。

それでは、諦めなければどうなるか?

それは、失敗しないのです。
諦めなければ、いずれは目的の地にたどり着けます。

つまり、失敗を防ぐ方法はただ一つ。

「あきらめないこと」

これに尽きるのです。

こうしてみると、じつは「成功の法則」はいたって単純なところにあります。

それは、

「目標を持つこと」
「成功するまであきらめないこと」

これだけなのです。

つまり私たちがやるべきことは、目標を持ち、絶対にあきらめないということだけなのです。

関連記事一覧

error: Content is protected !!