得体の知れない恐怖が足を竦ませる

あなたが行動できるようになる方法

人が行動できない理由は、環境が変わることへの漠然とした不安が二の足を踏ませることにある。全ての人間は新しい一歩を踏み出すのが怖い。しかし、この一歩を踏み出せなければ、現状を変えることもできないし進化していくこともできない。こうした場合、できうる限りの未来を詳細にイメージして、シミュレーションしてしまえれば、恐怖は雲散霧消していく。こうすることで、行動を起こすことは、ずいぶんと簡単になる。(内田游雲)

人が行動できない理由は、環境が変わることへの漠然とした不安が二の足を踏ませることにある。そうであれば、まずそれを、事前に、シュミレーションすることで、不安を解消してしまうことが有効になる。

人が恐怖を覚えるのは、それが漠然としているからだ。だったら、できる限りの未来を詳細にイメージして、シミュレーションしてしまえれば、恐怖は消えていくのである。

多くの人が、最初の一歩を踏み出せないでいる。何かを変えなければいけないとわかってるのだけれど、最初の一歩が出ないのだ。誰もが一歩踏み出すことに、得体の知れない恐怖を感じて足がすくんでしまっている。これは、人間の持っている本能ですから仕方がない。最初の一歩が踏み出せないからといって出来の悪い人間ではないということだ。

全ての人間は新しい一歩を踏み出すのが怖い。しかし、この一歩を踏み出せなければ、現状を変えることもできないし進化していくこともできないのだ。

人間が行動できない原因

それでは、どうすればこの一歩が踏み出せるのだろうか。

一番簡単な方法は、行動しいている自分を明確にイメージすることだ。人間の行動を分析してみるならば、まず最初に頭でイメージしてからそのあとで行動に移す。例えば、コップを持ち上げるという行動も、まず、自分の頭の中で、コップを持ち上げるイメージが瞬間的に生まれ、間髪を入れずに行動が始まる。

この間隔が短いために、人は行動をただ起こすものと感じてしまうが、その実態は、すべての行動は最初にイメージから始まるのだ。

ここを知ってしまえば、行動の仕方が見えてくる。

それは、まず最初に明確にイメージをすることである。

例えば、起業する場合も、自分が起業してその仕事をしている姿を明確にイメージする。お客が来て、お金が儲かっている姿をイメージする。それもできる限り詳細にイメージをすることである。

未来を具体的にイメージする

上手くいくことと同じように、問題が起こる状況もイメージする。

ビジネスを始めたら、当然にいろいろな問題が起こる。もちろん、そのすべてが予想できるものではないのだが、それでも、自分で考えられる全ての問題をイメージするのだ。問題だけではなく、その問題に対する解決策もイメージする。

このように明確にイメージをすることができたら、漠然とした不安は既になくなっている。リスクに対しては、しっかりと評価され対応策までシュミレーション出来たりするのだ。

人が行動できない理由は、環境が変わることへの漠然とした不安が二の足を踏ませる。それを事前にシュミレーションすることで、漠然とした不安を解消することができるのだ。

多くの人間が、幽霊やお化けに恐怖を覚えるのは、それが漠然としているからだ。未来もまた同じだ。そうであれば、できうる限りの未来を詳細にイメージして、シミュレーションしてしまえれば、恐怖は雲散霧消していく。こうすることで、行動を起こすことは、ずいぶんと簡単になる。

まず明確に、そして、詳細にイメージすることである。

関連記事一覧

error: Content is protected !!