どのような状況でも嘆かずに受け入れる

現状を受け入れる心が成功をもたらす

受け入れるということは、自分自身を受け入れることであり、自分の状況を受け入れることであり、自分を取り巻く世界を受け入れることだ。受け入れるということは、まず自分自身の欠点や過去の失敗、恥ずかしかったことなどをもう一度思い返して、見つめなおす作業である。本当の自分の姿を受け入れることができて、新しい一歩を踏みだすことができる。(内田游雲)

人生を生きていく上で、もっとも重要なことは受け入れる心だ。これは誰もが、まず最初にやるべきことである。

人生というのは、どんなに順調なときでも、日々問題が起き、いろいろな状況に陥いるものだ。突発的な事故に遭ったり、予定外の負債に追われたり、人間関係のトラブルに巻き込まれたりと、どうあがいたとしても、これは避けようがないものである。

どれだけ、注意深く過ごしても、どれだけ綿密な計画を立てても、想定外のことが必ず起きてしまい、苦境に立たされる。これには、どのような人であっても例外はない。

だからこそ、そういった状況に対しては嘆くのではなく、まずは、受け入れる心が大切になるのだ。

全ての出来事を受け入れる

この、受け入れるということは、自分自身を受け入れることであり、自分の状況を受け入れることであり、自分を取り巻く世界を受け入れることだ。

言い換えれば、自分や家族、更には周囲のすべての状況を、それらの理想の姿ではなく、ありのままの姿を受け入れることだ。否定するのを止め、自分自身に対して正直になることだ。

言葉に書けば簡単に思えるが、現実にはかなり苦しい。受け入れるということは、まず自分自身の欠点や過去の失敗、恥ずかしかったことなどをもう一度思い返して、見つめなおす作業である。

人間はどうしても、過去を美化したがるものだ。嫌なことは忘れ、いいことだけを拡大して、記憶をすり替える。こうした自分にとっての理想の姿ではなく、ありのままの姿を受け入れ、過去の失敗を否定するのをやめ、自分自身に対して正直になることだ。現在の状況を分析し、自分の力で変えることのできないものがあれば、それをただ受け入れるのだ。

否定的にならない

多くの人は、自分自身に対してつい否定的になりがちだ。しかし、これはよくない。否定的になることも、ただ自分の思い込みでしかない。否定も否定もせずに、現在の自分の姿をきちんと受け入れることだ。

それが良いものであっても、悪いものであっても自分に正直になり、今の自分がいる場所をしっかりと認識することなのだ。

これは決して、理想を捨てるとかそういうことではない。

そうではなく、まず初めに自分の現在の姿を正確に知る必要がある。自分自身の問題を正確に認識し、それを受け入れるのだ。

受け入れることによって、あらゆる問題は、初めて正確な姿を現す。つまり、それを自分で変える力を持つことになるということだ。

全ては自分が作り出したもの

あなたの周りに起こっているあらゆる状況とは、意識的にせよ無意識にせよ、自分自身が作り出したものである。

これまでの自分が、行動し、判断し、決断した結果が、今の状況だ。だから、現在の状況を正確に把握してその状況に責任を持つことである。

自分が作り出したものであるからこそ、自分で変えることができる。

「こうだったらいいな」

という姿ではなく本当の自分の姿を受け入れることができて、新しい一歩を踏みだすことができる。自分の力で変えることできるものがあれば、今度は、それを変える勇気を持つことだ。

そして、変えることできることと、変えられない事との違いを、見分けることができるよう賢くなればいい。変えることができないものを受け入れ、変えることのできるものは、変える勇気を持っていくことだ。

これが、人生が成功する為の受け入れる心である。

関連記事一覧

error: Content is protected !!