自分に対するイメージとは、他人の目を意識して演じた姿なのである

自分のイメージとは自分が演じた姿

人は誰もが皆
自分のことを解っていません

自分が思っている自分のイメージは
他人の目に写ったイメージなのです

だから、そこにはあなたの
本当の姿はありません

他人の主観が作り出した
イメージを自分の姿だと思い込み
悩み、苦しんでしまうのです

それは自分自身の
本当の姿でありません

だから、悩んだり苦しんだりする
必要はまったく無いのです

自分のことを知らないのは自分自身

自分のことを最も知らないのは、自分自身だったりします。なぜなら、過去の経験や周囲の言葉などで、自分に対する思い込みが様々に積み重なっているからです。

一度、自分に対するその思い込みを事実かどうか確認してみることが必要です。そうすることで、自分自身に対する真実が見つかるものです。

思い込みに気づかずに行動をしていると、大きな失敗につながります。真実を知れば、自ずと正しい道も見えてくるものです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!