正確に伝えられない言葉で会話している

自分の言葉が相手に伝わらない理由

私たち日本人は、ほぼ全員が日本語という単一言語を話しています。
だから、日本人であれば言葉が相手に伝わると思い込んでいます。

日本語を誰もが当たり前のように使い、自由に操っているように思っていますが、現実には、言葉で表
現できることは完全ではありえないのです。

伝わらないのは言葉の限界

たとえば、自分の手を見てください。
一日に何回も見る自分の手です。

それを言葉で表現してみてください。
どれだけ正確に伝えられるでしょうか?実際には、半分も伝えられません。

言葉には限界があるのです。

自分が毎日見ている手ですら、正確に伝えられないのが言語能力なのです。

そもそも日常会話は、

「少ない言葉」
「限られた単語」
「同じような表現」

こうした繰り返しです。

私たちは、いろいろな言葉を使っているようでして、そのじつ、ほとんど同じような言葉を使っています。
だから、自分では一生懸命話して 話が通じているつもりであっても、相手には伝わりようが無いのです。

受け取る側にも問題がある

しかも、今度は、話す相手側の受け取る能力の問題があります。

言葉の理解は、その人のこれまで生きてきた

「経験や知識」
「おかれた環境」
「趣味嗜好」

こうしたもので自分勝手に解釈しています。

耳で聞いた内容を、誰しも正確に理解できないのです。

例えば50%しかない表現能力の言葉を50%しかない理解力で聞いて受け取ると、伝わるのはたったの25
%です。

つまり、話していることの1/4しか伝わっていないのが、私たちの言葉なのです。

言葉を大事にしていない

その上、私たちは、言葉をぞんざいに扱っています。

理解しないのは、聞き手の頭が悪いから。

そう、勝手に思い込んで、同じことを何度も繰り返したり、言い方を変えて何度も繰り返します。
そして、ますます混乱させているのです。

相手が理解できないのは 話す側の問題です。

相手に、何かを伝えたければ、相手の環境や状況を考え、言葉をしっかりと選んで 理解できるように伝えることです。

ただ、言葉を多くすれば 良いのではありません。

常日頃から、一つ一つの言葉を吟味し 大事に使っていくことです。
相手に何かを伝えることは、とても難しいという前提をまず忘れてはいけないのです。

【参考記事】:


関連記事一覧

error: Content is protected !!