過去は変えることも無かったことにもできない

過去は変えられないが未来は自由に変えられる

あなたが今、困難に直面していたら、その状況をもたらしたのはあなた自身だ。過去の考え方や行動が現在の状態を作り出しているのである。私たちは、生きているだけで、いろいろな問題に出くわすことになる。すごく良いこともあるし、生きていくのが辛いと思うほどの困難に見舞われることも必ずある。しかし、それは、今この瞬間であって未来ではないのだ。未来は自由に変えられるのだから、必ず良くすることができる。(内田游雲)

もし、あなたが今、困難に直面していたら、その状況をもたらしたのはあなた自身だ。

例えば、あなたが今、お金の問題で苦労しているとする。それは、あなたのお金に対する知識の不足が作り出したものだ。だったら、あなたは未来の為にお金の勉強をして、知識を手に入れればいいのである。

私は経営コンサルタントだが、占い師でもある。多くの占いにおいては、過去の思考や行動が今を作ったという考え方をする。これは、ビジネスにおいても全く同じで、過去の考え方や行動が現在の状態を作り出しているのである。

全ての物事や出来事は、過去の自分が作ったものだ。そして、過去も現在も絶対に変えることができない。過去の失敗を変えることも、無かったことにすることもできないのである。

変えることが出来るのは、ただ一つ未来だけなのだ。しかも、遠い未来になるほど、大きく変えることができるようになる。

あなたが変えられるのは未来だけ

例えば、今から1秒後に変えられることは、ほとんどない。

しかし、明日の予定は、ある程度変えられるし、1年後の状態はかなり変えられるだろう。10年後となれば、もう、どうにでもできると考えていい。そう考えると、人間はとても自由な存在なのだ。

運命というのは、じつは、定まっていない。過去の自分が思ったこと、行動した結果が今の状態であり、その状態のまま進んだ場合にどうなるかが、占いなどで見える未来である。

つまり、

「何もしなければこうなるよ」

というのが占いなのだ。その意味では占いは、かなり当たる。

しかし、何かの行動を起こしたらその時点で未来は変わる。それも、遠くの未来ほど大きく変えることができる。だから、行動すれば、占いは当たらなくなるのだ。

運命と宿命

あなたが、未来をどのようにしたいかを考え、その為に何をすればいいかを考えて、知識を得て行動すれば、未来は自由になるのだ。

お釈迦様によると世の中にはできないことが5つあるといわれる。

(1)生まれないこと
(2)老いないこと
(3)病にかからないこと
(4)死なないこと
(5)因果法則から逃れること

以上の5つだ。

あなたは既に生まれているのだから、これを取り消すことはできない。
人は必ず老いる。
必ず、病気になる。
そして、確実に死ぬ。
さらに、原因があるから結果があること、これも否定できない。

このように絶対に変えられないことを宿命と言う。

よくTVなどに出てくる占い師が、あなたの運命は変えられないと脅したりしますがあれは嘘である。逆にいうと、これら以外は全て変えることができるというのが真実なのだ。

私たちは自由に生きている

私たちは、とても自由に生まれてきている。

だったら、自分が生きたいように生きたほうが楽しいいだろう。今の状況に悩むより、未来を楽しく夢見て生きたほうが、よほど、充実した人生になる。

私たちは、生きているだけで、いろいろな問題に出くわすことになる。すごく良いこともあるし、生きていくのが辛いと思うほどの困難に見舞われることも必ずある。しかし、それは、今この瞬間であって未来ではないのだ。未来は自由に変えられるのだから、必ず良くすることができる。

あなたの身に起こる全ての出来事には、かならずプラスとマイナスが同じだけ存在している。これを「正負の法則」と美輪明宏さんは言っている。これはとても重要な法則なので、別の機会に詳しく説明する。

困難は、あなたに欠けている知識を教えてくれている。そこに気づけば、あなたの未来は変わっていく。もし今、お金の問題で悩んでいるのであれば、お金についての勉強をすればいいだけなのである。

関連記事一覧

error: Content is protected !!