運が良い人ですか?運が悪い人ですか?

運の影響力と仕事と収入の関係

金運がいい人が全員そろった会社は、やはり金回りが良くなる。反対に金運が悪い人ばかりがそろった会社は、資金繰りが悪化していく。基本は個人の運気にあるのだが、それが集合体になるとその集合体全体の運気となっていく。会社の運気というのは、個人の運の集合体なのである。言い換えれば、サラリーマンは自分の金運が良くても、収入が増えることはないということだ。あなたが乗っている船の舵を握っているのは、あなたではないのだ。(内田游雲)

世の中には、確かに、
「運がいい」とか「運が悪い」とか
こういうものがある。

これは、個人にもあるし、家族にもあるし、会社にもある。基本は個人の運気にあるのだが、それが集合体になるとその集合体全体の運気となっていく。

例えば金運がいい人が全員そろった会社は、やはり金回りが良くなる。反対に金運が悪い人ばかりがそろった会社は、資金繰りが悪化していく。会社の運気というのは、個人の運の集合体なのである。

運が大きな影響を与える人

もちろん、全員の運気が均等に影響するわけではない。

やはり、会社では社長(経営者)の運が一番大きな影響を会社に与える。会社での役職が高くなればなるほど、会社の運に与える影響が大きくなるのだ。

つまり、会社の業績は社長経営者や役員の人の運に最も影響され、一般社員はその運の波に翻弄されるということだ。

言い換えれば、サラリーマンは自分の金運が良くても、収入が増えることはないということだ。もちろん副業やっていれば別だし、宝くじに当たるかもしれないが、それは、個人の金運の範疇になる。

しかし、中心になる収入は、金運が良くても上がらない。反対に金運が悪くても下がらない。それを決めているのは、あなたの運ではないからだ。

もし、社長の運が最悪だったとすれば、あなたがいくら頑張っても会社が倒産するかもしれない。あなたが乗っている船の舵を握っているのは、あなたではないのだ。

こうした運についての基本的な考え方をまず理解することである。

運気の変化について

運気というのは、根本的な事を言えば

上昇しているのか?
下降しているのか?
または、平衡状態なのか?

この3つだ。

運気が上昇しているときは、物事がだんだんうまくいくようになる。運気が下降しているときは、だんだんうまくいかなくなる。平衡状態のときは、何をやっても結果が出ず変化が起きない。そして、この3つの状態が振り子のように行き来していく。

上昇すると平衡し、下降を始める。
下降すると平衡し、上昇を始める。

運気というのは、この繰り返しなのだ。

あとは、誰の運気を中心に見るか?
これが、運について考えるときのコツなのである。

雇われは自分の運気で生きられない

例えばあなたがサラリーマンだったとする。あなたの金運が最高の状態にあっても会社の運気が下がっていれば、あなたの収入は増えていかない。それどころか収入は下がっていく。

日本の景気がどん底だったとすると、やはり、業績が上がらず収入が下がるかもしれない。もちろん個人の金運がいいと、小銭を拾ったり机の奥からお金を発見したりするかもしれないが、その程度でしかないのだ。

運は、あくまでもその人個人にしか影響を与えない。あとは、その人が周りにどういった影響力を持っているかで変わるのである。社長だったら、会社やその従業員に、さらには取引先に影響を及ぼす。しかし専業主婦だとしたら、その影響範囲は狭くなるのだ。

運というのは、ただ個人の心身に影響するだけだ。あとは、その人の影響力がどこまで及ぶかなのである。

誰もが他人の影響で生きている

運を考えるときに、私たちは、他人の影響を大きく受けているということだ。だから、運の悪い人と一緒にいると確実に運が悪くなっていく。

あなたの、交友関係を一度見直してみることだ。もしかしたら、そこに、あなたの足を引っ張っている人が存在しているかもしれない。そういう人とは、なるべく遠ざかったほうが運気が良くなるし、物事がなぜかうまく運ぶようになる。こうした交友関係も一度見直してみることをお勧めする。

関連記事一覧

error: Content is protected !!