物ばかりでなく挨拶や微笑みかけることも与えることである

笑顔を向けることも与えること

まず与えることが重要である

こうした話をすると

「お金もないから
 何も与えるものがない」

そんなことを言う人がいる

与えるとは、物やお金だけを
いうのではない

明るく挨拶をする
優しく微笑みかける

こうしたことも与えることだ

仏教の世界に無財の
七施というのがある

これは、お金がなくても、
物がなくても、周りの人々に
喜びを与えていくという布施のことで
その中に慈眼施(優しい眼差し)
和顔施(笑顔)があるのだ

まず基本の日常の中にこそ
重要な部分がある

無財の七施について

無財の七施とは次の7つである。

1.眼施(げんせ) やさしい眼差(まなざ)しで人に接する
2.和顔悦色施(わげんえつじきせ) にこやかな顔で接する
3.言辞施(ごんじせ) やさしい言葉で接する
4.身施(しんせ) 自分の身体でできることを奉仕する
5.心施(しんせ) 他のために心をくばる
6.床座施(しょうざせ) 席や場所を譲る
7.房舎施(ぼうじゃせ) 自分の家を提供する

これは、お金がなくても、物がなくても周りの人々に喜びを与えていくという布施のことだ。まず、ここから考えてみることだ。

これが、「徳」を積むということだ。ビジネス的にも得よりも徳のほうが利益が大きくなる。それどころか、徳からもたらされた利益は、期限が無く、未来の安定的な利益をもたらすものなのだ。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!