不安や心配とは感情であり現象ではない

不安や心配は現象ではない

多くの人が色々な不安や
心配に悩まされ
酷い時には、鬱になったり
病気になったりします

しかし、この不安や心配は
自分の中の感情であって
現実に起きていることではありません

現実ではないのですから
本当は、何も心配することも無く
不安に感じることも無いのです

誰もが、自ら自分を縛って
ウンウンただ唸っているだけなのです

そこに気づくことができれば
生きていくことがとても楽になります

実態が何もないから不安になる

人間は、誰もがなんとなく不安を感じているものです。常に得体の知れない、不安感を誰もが持っています。しかし、その不安は、じつは根拠も実態もありません。根拠も実態もないから逆に不安を感じるのです。

世の中の出来事は、本来とてもシンプルです。しかし、人間はそこに自分の感情をプラスします。好きや嫌い、過去の記憶、こういったものを起きた事実に重ねて、実態のないものですら、感情的に考えて不安感を感じてしまうのです。

しかし、悪い出来事でさえ、明確に把握できれば、不安をあまり感じることはありません。不安の正体とは、実態が何もなくて、把握できないからこそ、不安が起こるということなのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!