自分の呼吸だけに意識を集中し感じ取る

呼吸を深くしコントロールすると人生が変わる

あなたが、最後に深く呼吸したのは、いつだったでしょうか?
覚えていますか?

実は、ほとんどの人が、呼吸を当たり前のものだと考えています。
特に意識することなく、自然と呼吸をしているので、誰もが自分は正しく呼吸をしていると考えています。

しかし、たいていの場合、そうではありません。
ほとんどの人は、ごく浅い呼吸しかしていないのです。
そして、それがストレスの要因の一つになっています。

人間はストレスが増えると判断を間違えたり、やる気が出なかったりと、どうしてもそれが生活に反映してしまうものです。

だからこそ、もっと呼吸についての知識を勉強し、更には呼吸のコントロールを身につける必要があります。

浅い呼吸はストレスを増大する

人は不安を覚えたり感情的になると、浅く早い呼吸をしてしまいます。
それが、交感神経を刺激し、より不安が高まり感情的になっていきます。

だから、大きなプレッシャーがかかる場面では、人は力がなかなか出せないのです。

人間は誰しもが、常に大きなプレッシャーの中にいますから、どうしても日常的に呼吸が浅くなりがちです。
それによって力がなかなか出せない原因となってしまうのです。
これが、運命の悪化をもたらす一つの要因です。

追い込まれた状況で、最大限の力を発揮し集中力を高めるには、この呼吸をコントロールすることがとても有効な手段となります。

プレッシャーの中で呼吸を意識する

大きなプレッシャーの中でもリラックスする方法の一つは、意識的にゆっくりと深く呼吸することです。

この呼吸に関するテクニック自体は、非常にシンプルなものです。
どのようにするかというと、ただゆっくりと安定した呼吸を数えながらすればいいのです。

やり方はとても簡単で、まず5つ数えながら息を吸います。
この時は、鼻から吸います。

息を止めて5つ数えます。
5つ数えながらゆっくりと吐き出します。

この時は口から息を吐き出します。

以上を5~10回繰り返します。
これをやるだけで、気持ちが落ち着き、集中力が増してきます。

プレッシャーの中で呼吸を意識する

この呼吸法を行う場合、大事な事は、できるだけリラックスして、力を入れないようにして行います。

もし途中で眩暈を覚えたり頭がくらくらしたらすぐに中止してください。
慣れれば誰でも簡単にできるようになりますから。

さらに効果を高める為には、一日20分ほどかけて静かな時間を見つけて瞑想を行うことです。

生活に瞑想を取り入れてみよう

静かな時間が大切な事は、いろいろな本に書かれています。
最近では、マインドフルネスという言葉でGoogleなどが取り入れて話題となっています。

マインドフルネスとはメンタルトレーニングの一種で、瞑想を通じて心の状態を整えるというものです。
仏教やインドのヨガで行われてきた瞑想を基に、宗教色をできるだけ取り除いて開発されたテクニックです。

米グーグルや米インテルなどのグローバル企業が採用し、日本でもヤフーなど導入企業が増えているのです。
静かな時間での瞑想はストレスを取り除き、癒しを施し、脈拍を抑え、集中力を大きく増していきます。

決して難しい事ではありません。
一日に、ただ20分くらい静かに座っているだけでいいのです。

ただ自分の呼吸だけに意識を集中し、呼吸が体を出たり入ったりするのをただ静かに感じ取るのです。
仕事や心配事の方へ思考が漂い出したら、それを基に戻してまた呼吸だけを考えるようにします。

これを邪魔のはいらない場所で毎日20分ほど行ってみてください。
1週間程度で大きな効果が現れてきます。

関連記事一覧

error: Content is protected !!