一つ一つの行動に新しい工夫を凝らす

質量転換の本質

質量転換という言葉があります。

「量の積み重ねがあってこそ、ある時に、質的な変化を引きおこす」

そういう意味になります。

いわゆる“数稽古”というものですね。

では、ただ闇雲に数やればいいかというと、そういうものではありません。

「量が質に転換される」ことは確かですが、何も考えずに、「数打ちゃ当たる」でやっつけでやるのでは、意味がないのです。

最初から「量」だけを求めるのではなく、「質」を求めて数やることが必要です。

失敗するつもりはさらさらない。
でも、やってみた結果失敗してしまし、またゼロからやり直してみる

この姿勢が重要なのです。

「質」を求めて没頭し「量」をこなす

トライ&エラーすることで、初めてはつまずくかもしれませんが、工夫を凝らすうちに、結果的に「質」を成し遂げ、おのずと「量」もできていた。

これが、理想的な形なのです。

バルザック、トルストイ、星新一、ピカソ、モーツァルト、ベートーヴェンなど、膨大な数の作品を遺した偉大な作家や芸術家、そして、音楽家達は、最初から「駄作」を作ろうと思ってはいなかったのです。

「前作よりもっと良いものを」
「もっと素晴らしい作品を」

そう、「質」を求めて制作に没頭するうちに、いつのまにか「量」もこなしていたというのが、おおよその経緯ではないでしょうか。

人生でも、やはり「質」が大事です。

ただ、闇雲に同じことを数やったとしても、そこに進歩はありあせん。
一つ一つの行動に新しい工夫を凝らして初めて、進歩が生まれてくるのです。

「量」だけ求めてもダメ、「質」だけ求めてもダメ、「質」「量」の両方を求めてこその質量転換なのです。

関連記事一覧

error: Content is protected !!