人間の価値はどれだけ得をしたかではなくどれだけ利益を与えたかである

人間の価値は稼いだ額ではない

よく「私は、これだけ稼いだ」
という人がいます

しかし、それは他人には
どうでもいいことです

大事なことはどれだけ利益を
与えてくれるかだけです

つまり人間の価値は
どれだけ与えることが
できるかによって決まるのです

どれだけ得をしたかというのは
自己満足に過ぎないのです

どれだけ心を込められるか

他人に何かをする場合には、その価値は、与えたものの価値ではないのです。重要なのは、どれほどそれに心を込めたかです。

ここを私たちは勘違いしがちです。

「良いものを与えているから良いだろう」

ではなく、相手のためを想い

「どれだけ心を込めることができたか?」

ここが、重要なのです。

これは、ビジネスにおいても同じです。商品の良いのは当たり前、そこに、どれだけ経営者の心が込められているかなのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!