挫折した後で成功のきっかけをつかむことがある

挫折した後に成功のきっかけを得る

人生は、順風満帆にいくことは少ない
必ず挫折が巡ってくる

しかし悲観することはない

多くの場合、挫折した後に
成功のきっかけを得るものだ

挫折とは、つまり成功のための
試験とも言っていいものである

今が辛いときは、その先に
必ず大きな成功が待っている

そして、あきらめなければ
必ずそこに到達できるのである

成功するまでやり遂げる

成功の反対は失敗である。つまり、失敗しなければ、成功に限りなく近づくことになる。失敗とは、それがなんであれ、その目的地に到達できないことだ。だから厳密に言えば世の中には、成功者は存在しない。存在するのは、失敗した人と失敗していない人だけなのだ。

失敗する原因はただ一つ「諦めること」である。諦めなければ、いずれは目的の地にたどり着ける。

「成功の法則」とは、こうしたいたって単純なところにある。それは、「成功するまであきらめないこと」だ。

人生は、順風満帆にいくことは少ない。必ず挫折が巡ってくる。しかし悲観することはまったくない。多くの場合、挫折した後に、成功のきっかけを得るものだからだ。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!