人は動いてよい時と動かずにいるべき時あり

敢えて動かないことも解決につながる

武田信玄の旗指物で有名な言葉に
「風林火山」があります

孫子から引用した言葉ですが
ここでも、同じことを行っています

人生には動くべき時と
動かないほうがいい時があります

動かないことと同じくらい
動くことで失敗するのです

大事なのは、状況を客観的に
観察し機を見ることです

不動如山が最も重要な部分

風林火山(ふうりんかざん)は、甲斐の戦国大名・武田信玄の旗指物(軍旗)に記されたとされている「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」(疾(はや)きこと風の如く、徐(しず)かなること林の如く、侵掠(しんりゃく)すること火の如く、動かざること山の如し)の通称です。

これは、『孫子』・軍争篇第七を部分的に引用したもので、この中でも、私は特に不動如山の部分が重要だと考えています。

問題が起きた時に、バタバタしてしまっては却って問題が拡大していくことが多いものです。そこを敢えて動かずに、じっとしていることで、問題の本質が見えてきます。

さらに、世の中は、一番困っている人間が最初に動くものです。そこを見据えて、カウンターを当てることで、問題は最小の労力で、さらに最善の形で解決していくものです。

問題が起きた時に、あえて動かないことも重要な方法だと知っておいてください。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!