諦めなければ人生は成功へとたどり着ける

日本一になる方法

何らかの分野で日本一になるにはどうしたらいいでしょうか?

最近なんとなく見えてきてことは、どのような分野においても真剣に、毎日3時間以上20年間続けて、才能と運に恵まれれば日本一になれます。

また、同様に10年続ければトップ10になれるでしょう。
トップ10になるには、1位と違って才能や運は関係なさそうです。

また、上位100人には3年続ければ入れます。
このあたりの人を、専門家または一流と呼びます。

1年間真剣に取り組むと、おそらく上位1,000人位にはなっています。
これくらいだと、上手な人といったレベルでしょうか?

3年で十分な成果は出せる

もちろん、これはあくまで私の感覚なので、正確かどうかはわかりませんが、体感的に、なんとなくこんな感じがします。

さて、ここで、大事なことは、どこに目標をおいているかということです。

仮にあなたが、ある分野のビジネスをしようとしていたとします。
その時に目指すのは、日本一でしょうか?
それとも、そのビジネスである程度稼ぐことでしょうか?

ある程度稼ぐ位でしたら、3年その分野に真剣に取り組んだらできそうです。

もちろん、毎日だらだらなんとなく続けていたのでは意味がありませんが、真剣に、考え勉強し行動していったら、3年で十分な成果が出せるということです。

ぜひ1度、今めざしているものをこの数字を当てはめて考えてみてください。
何かが見えてくるはずです。

人生は成功へとたどり着ける

継続するのが大事なことは、あなたも良く知っていると思います。
でも、人間なかなかできなかったりします。

最近、思うのは、天才というのは、継続するということが出来る人なのだろうと思うのです。
私たち凡人は、どうしても、日々の結果が目に見えてこないと心が折れてしまいます。

だから、本を読んだりすることで心を整えてるわけです。

「どんなときも、絶望することなどありません。
特定の時期に、特定の物が手に入らなければ、
失敗だったと思うのは間違いです。
しかし、確信があれば、
あなたが失敗だったと思ったものは、
失敗に見えただけだということが判るでしょう。」

ウォレス D.ワトルズ
『富を手にする「ただひとつ」の法則』より

私の大好きな言葉の一つです。

そういえば、聖書にも同じような言葉がありました。
ちょっと、うろ覚えですが

「成功とは、最後まで耐え忍んだ者への報酬である」

たしかこんな言葉だったと思います。

諦めなければ、この人生は必ず成功へとたどり着けるようになっているのです。
決してあせったり、悲観したりする必要はありません。

一度折れても、またやり直していけば、たどり着けるということです。

【参考記事】:

関連記事一覧

error: Content is protected !!