幸運が続くと不安になり自らブレーキをかけたくなる

幸運が続くとブレーキをかけたくなる

人間というのは不思議なもので
物事がうまくいき出すと

「本当にこれでいいんだろうか?」

「そんなうまい話はない」

などと、変な不安が
頭をもたげてきます

この不安が、結局自分自身に
ブレーキをかけ

かえって、うまくいかないように
仕向けてしまうのです

幸運が続いたら
むしろアクセルを

ベタ踏みで行ったほうが
うまくいきます

好調の波にはルンルン
乗っていってください

我を捨てる

あらゆる物事には、流れや傾向といったものがあります。何かがうまくいくときは別のこともうまくいくものです。

運というのは周期があります。流れていく方向があるのです。だから、なるべくその流れに沿って動くことです。無理に逆らうと、たいていろくなことになりません。流れを感じ取り、それに沿う事で、物事はなるべくしてなっていくのです。

訪れる全てのことを、良いことも悪いことも進んで受け入れてみましょう。自分の力でなんとかしようとする我を捨てるのです。そうすることで、物事がうまく回っていくものです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!