自分は凄くて特別だと誰もが思いたい

他人の為に何かをすることが成功への近道

私たちは、いつでも自分を評価して生きている。誰もが、自分には常に高得点をつけたいと思っている。自分で自分を採点するということは、嘘が付けないということだ。悪いことをすれば、自分の良心が、自分にいい点を入れることはない。自分のために何かをするよりも、他人のために何かをするほうがより大きな力が出る。これは、それの方が自分にいい点を付けられるからだ。それがモチベーションのアップや幸福感につながっていく。(内田游雲)

私たちは、いつでも自分を評価して生きている。自分は他人と比べてどうであるかを評価しているのだ。これは、自分の心の中を見てみるとよくわかります。

そして誰もが、自分には常に高得点をつけたいと思っている。これは、誰もが同じだ。もちろん私も、あなたもだ。

「自分は凄い、自分は特別だ」

誰もがこう思っている。だから、自分の評価はつねに甘くなる。これを、パスカルは自己愛と呼んだ。仏教の世界では自我とよばれる。

自分には嘘がつけない

しかし、自分で自分を採点するということは、嘘が付けないということだ。悪いことをすれば、自分の良心が、自分にいい点を入れることはない。自己採点して、自分が落第生になるのはとても辛いことなのである。

昔の言葉に

「天知る、地知る、我知る」

というのがある。

天と地と自分はすべて見ているということだ。自分の行動や思考は、自分が常に見ているのだ。だから、悪いことを止めると、つねに良い得点を自分に与えることができる。良い事をすると、もっといい得点を与えることができるようになる。

人は、自分のために何かをするよりも、他人のために何かをするほうがより大きな力が出る。これは、それの方が自分にいい点を付けられるからだ。

他人の為に何かをすること

よく、他人のために何かをしなさいと言うと

「そんなことは偽善だ」

そういう人がいる。

しかし、それは偽善ではない。人間は心の奥底で自分の為になるとわかっていて、他人に何かをしたいのだ。

これは、ビジネスなどの世界でも同じだ。お金だけに焦点を当ててしまうと、なかなか自分にいい採点をすることができない。しかし、他人の幸せのために頑張ると自分も気持ちいいのである。そうすることで、自分に高い点数をつけることができ、それがモチベーションのアップや幸福感につながっていく。

そして、それの方が大きなエネルギーが出るから、やる気も出て、最終的には成功につながりやすくなるのである。

関連記事一覧

error: Content is protected !!