長期で俯瞰し諦めないことが成功への道

長期目線で諦めなければ誰でも成功できる

誰であっても、目標に向かって歩みを止めなければ、必ずそこにたどり着くことができるものだ。しかし、この一歩ずつ進んでいくということが、ほとんどの人ができないようになっている。私たちの人生においては、長期目線がとても重要である。たとえ今日は効果が見えなくても1年後、2年後に大きな成果が見込めるのであれば、絶対にその行動を続けていくべきだという事だ。(内田游雲)

誰であっても、目標に向かって歩みを止めなければ、必ずそこにたどり着くことができるものだ。しかし、この簡単な一歩ずつ進んでいくということが、ほとんどの人ができないのも事実である。

ちょっと何かをやって結果がすぐ出るだろうと勝手に思い込み、結果が出ないと諦めて次に行ってしまう。

これでは、何事も一流になれないし、一流になれないから結果に繋がらなくなる。だからこそ、私たちの人生においては、長期目線がとても重要になるのである。

諦めないことが成功の秘訣

目標に向かって、歩みを止めなければ、必ず、そこにたどり着くことができる。しかし、この一歩ずつ進んでいくということが、ほとんどの人ができないようになっている。そこには、モチベーションが維持できないという誰にでも起こる共通の問題が存在する。

では、なぜ、モチベーションは続かないのだろうか?

目標を持って歩み始めたあの時の燃えるような心は、いったいどこへ行ってしまうのだろうか?

モチベーションが続かない最大の理由は、今の状況を変えたいという強い思いが足りていないのだ。人間は、かなりひどい環境であっても、それに慣れてしまう。慣れてしまうから、結局、切羽詰らずに「まあ、いいか!」となってしまうのである。

かといって、死ぬまで追い込むわけにはいかないので、自分で鼓舞するしかない。しかし、これすらも、なかなか続かないものなのだ。

目の前の成果にこだわらない

さらに、もう一つ、モチベーションが続かない理由がある。

それは、誰もが目先の利益を追いすぎる点にある。ちょっと何かをやって、結果がすぐ出るだろうと勝手に思い込み、結果が出ないと諦めて次に行ってしまう。これでは、何事も一流になれないし、一流になれないから結果に繋がらなくなる。

物事がうまくいかない場合のほとんどがこのパターンである。

これを防ぐためには、未来を見せてくれる導師(メンター)の存在が不可欠だ。

「今のやり方で間違っていない!」
「あとどれくらい頑張れば目的地が見える!」

こうしたことを明示し、導きをしてくれる人がいないとモチベーションは結局、萎れてしまう。あなたが、成功をしたいと思ったら、そこへ導いてくれる導師(メンター)を探すことが、一番確実に成功できる方法となる。

人生には長期目線が重要

私たちの人生においては、長期目線がとても重要である。

それは、たとえ今日は効果が見えなくても1年後、2年後に大きな成果が見込めるのであれば、絶対にその行動を続けていくべきだという事だ。

こう書くと当たり前のようだが、現実には多くの人ができない。なぜなら、今日うまくいかないことは、誰もやりたがらないからだ。

例えば、今日毎月1万円もらえる仕事と、1年後に毎月3万円もらえる仕事であれば、多くの人が、今日の日銭を欲しがるため、1万円もらえる仕事を選んでしまう。これは、意識していないと誰でもそうなってしまうものだ。

だれでも短期的な欲求は持ち合わせているので、短期的に結果がでることのほうが魅力的に見えてしまうからだ。

しかし、1年後、2年後に圧倒的に儲かる、圧倒的に利益になることを探して、それだけに集中して行動することが、豊かになる一番てっとり早い行動である。そして、絶対に続けるべき重要なことなのだ。

すぐにお金が欲しいと思う気持ちは理解できる。もちろん目先の現金が無ければ、生きていけないが、それだけだと、豊かにはなれないし、成功への道も歩めないのだ。

【参考記事】:

関連記事一覧

error: Content is protected !!