男は目で恋をし女は耳で恋に落ちる

男は声で女を恋に落とせ

男性は恋愛においてルックスを最も重要視する。しかし、女性は恋愛においてルックスではなく、「声」で感じる生き物なのだ。男性は意識的に低い声で話すように心がると効果的である。さらに、胸のあたりに響かせるように意識することで、より印象的な声にすることができる。姿勢を良くして、へその下あたりの丹田から声を出すようにすれば、力強い声が出せるのでモテやすくなるのだ。(内田游雲)

男は「目」で恋をし、女は「耳」で恋に落ちる

こうした言葉がある。

なるほどと納得することなのだが、基本的に男性は恋愛においてルックスを最も重要視する。しかし、女性は恋愛においてルックスではなく、「声」で感じる生き物なのだ。

ある実験データでは、男の子の赤ちゃんよりも早く女の子の赤ちゃんは両親の声や周囲の音を聞き分けるそうだ。また、女性が会話を好むのも、言語処理をつかさどる左脳に神経細胞が多いことがその所以であると言われている。

つまり、男性にとってみれば声に注意を払っていけば、よりモテやすくなるということなのである。

どの声の高さが女性に好まれるのか

では、女性はどんな声を好むかだが、これは、話し方も大事ですが本質的には音の高さと響きになる。

どの声の高さが好まれるかは、これは、はっきりと低音になる。福山雅治さんの声を想像してみればいいのだが、高めの声の男性より低い声の男性のほうが女性に好意を持たれやすいのである。

例えば、楽器の音で言うならチェロだ。チェロという楽器が女性に人気の理由は、男性の声に近い音域だからという説もある。一方男性の好む楽器はチェロよりはバイオリンになる。チェロよりは少し高い音域だ。

つまり、少し低めの響く音に女性は弱く、少し高めの音に男性は弱いといううことになる。

男性の低い声は、男性ホルモンの一種であるテストステロンによってもたらされていると考えられている。

声の低い男性ほどテストステロン値が高く、恋人のいる男性の数も多かったと報告されている。また、初体験の年齢も声の低い男性のほうが早いという結果も出ている。

女性は男性の声で、無意識にその男性の生殖力を判断し、本能的にその男性に好意を抱く。つまり、低くて響きのある声が、女性は好きだということになるのだ。

大人の男が有利になる声の魅力

さて、このことは中年過ぎの大人の男性にとって、とてもいい話だ。

なぜなら年齢が上がってくるほど、声のトーンはどうしても下がっていく。これは、カラオケなどで実験してみればわかるが、昔出ていた高音域は、年齢と共に出しにくくなってくるものなのである。つまり、黙っていても、中年を過ぎた大人の男性の声は、低音へとシフトしていくので、女性が好む声に変わっていくのだ。

しかし、発声の仕方には個々の癖があるので、意識的に低い声で話すように心がけたほうがより効果的である。さらに、胸のあたりに響かせるように意識することで、より印象的な声にすることができる。こうすることで、女性の心を掴む声になっていく。

さらに姿勢を良くして、へその下あたりの丹田から声を出すようにすれば、力強い声が出せるのでより効果的になる。

さらに、もう一つ加えるならば、話すスピードも重要になる。好印象を与える話し方は、ゆっくりと落ち着くのあるしゃべり方だ。早口だと自信がなさそうに感じさせてしまうので、ここは日頃から心がけて習慣づけることである。

関連記事一覧

error: Content is protected !!