お金と財布の関係は持ち歩くお金の量

金運が良くなる財布には効果はあるのか

金運が良くなる財布には効果があるのだろうか。結論から言えば、財布とその人のお金を稼ぐ能力や金運とは何の関係もないものである。お金を稼ぎ続けていると、おのずと身の回りのものにもお金がかけられて、財布もピカピカに美しくなる。お金が回らない人は、お財布にお金をかける余裕が無いのでボロボロになっていく。ただ、それだけのことなのである。(内田游雲)

財布と金運が良い人の因果関係は逆

よくいろいろなところで話題にされている、金運が良くなる財布というものがある。果たしてこれは、本当に効果があるのかについて、ここでは検証してみたい。

結論から言えば、財布とその人のお金を稼ぐ能力や金運とは何の関係もないものである。

こうした話の中で、よく出てくるのが、

「長年稼ぎ続けている社長は皆
 美しい長財布を使っている」
 
とか、

「汚れた財布で稼ぎ続けている人はいない」

こうした話がある。

こうした話を聞いて、「そうか美しい長財布を使えば金運が良くなるのだ」と、勘違いする人が多くいる。しかし、これは逆なのである。

お金を稼ぎ続けていると、おのずと身の回りのものにもお金がかけられて財布もピカピカに美しくなる。お金が回らない人は、お財布にお金をかける余裕が無いのでボロボロになっていく。ただ、それだけのことなのである。

お財布とお金が稼げる人、あるいは金運が良い人の因果関係は逆なのだ。これをまことしやかに喧伝されるように、持っている財布でお金が稼げたり貯まったりということは100%ありえない。

これを宣伝する人は、財布を売っている人か金運グッズをアフリエイトする人だ。儲かるのは、あなたではなく宣伝している人である。

財布に関するいくつかの話

お財布に関するいくつかの話があるので、ここでまとめて検証しておく。

まず、お財布に月の光を当てる・・・

絶対関係ない。じっさい、どれくらいの実例があるのだろうか。こうしたことを実行している人は、おそらく、数十万人規模でいると思われる。そのうちどれくらいの人が、実際にお金が増えただろうか。

数十人?
数百人?

つまり、数万分の一
または、数千分の一

これくらいの確率を「偶然」というのだ。

財布の中身の整理は金運につながる

次にレシートやポイントカード、割引券などでお財布がパンパンになっていると金運が悪くなる。これもよく聞く話である。

これは、実際にそうなるだろう。なぜなら、レシートなどを財布に入れっぱなしで整理できていない人は、お金の入出金がきちっと管理されていないという人だ。これでは、細かいお金の流出をチェックできていないことを表しているからだ。

そもそも、買い物をした際に、レシートをちゃんとチェックしている人があまりにも少ない。買い物をしている人を観察すると、皆さん、お釣りとレシートをぞんざいに財布に放り込んでいる。

じつは、スーパーやコンビニでの買い物では、かなりのミスが発生している。これは、実際に買い物した際にお釣りと明細をチェクしてみると、その発生確率の高さに驚くだろう。

実感として2~30回に一度位間違いが見つかる。割合にして3~5%ほどの確率だ。そして、その大半が、余分に支払っていることが多いのだ。このことに気づければ、レシートを管理する重要性を身にしみて感じる事ができるだろう。

レシートがお財布にいっぱい入っていることが問題なのではなく、お金の支出をチェックできていないことが、むしろ問題なのだ。お金を1円まで大切に管理することがお金をもたらしているということなのである。

長財布には何の意味もない

さらに、以前、よく言われた長財布はどうだろうか。これも簡単な話で、現金を多く持ち歩くには、長財布が適している。それだけだ。

試しに、20万円位を二つ折りや三つ折り財布に入れると、折り曲げにくくて不便になる。だから、ある程度のお金を持ち歩く人は、当たり前のように長財布になるのだ。だから、お金をたくさん持っていて、持ち歩く人は、長財布になる。さらに、もっと大金を持ち歩く場合には、マネークリップや時には輪ゴムでお札を丸めて止めていたりする。

お金と財布の関係は、持ち歩くお金の量でどのような財布を持っているかが変わってくるだけなのだ。長財布だからお金が貯まったり稼げるようになったりすることはまったく無いのである。くれぐれも、妙なお財布の金運などと言った情報に振り回されることが無いようにすることだ。こうした情報は、そうやってあなたの財布の中身を狙っているに過ぎない。

ただし、ちゃんとした大人としては、ある程度上質な素材の清潔な財布を持っていたほうが、財布を出した時の印象はいい。その点に気をつける位で十分なのだ。無理して、高い財布に買い換える必要はない。財布にお金を引き寄せる効果など全くないのである。

関連記事一覧

error: Content is protected !!