「いい人」と思われるのは男の恥だと思え

「いい人」の恋愛がうまくいかない理由

「いい人」というのは、恋愛がうまくいきません。

「いい人」という言葉の後ろにつくのは、
たいてい
「だけどタイプじゃない」
とか
「でも恋愛対象ではない」
といった言葉が続くものだからです。

その一方で「悪い人」の後ろに続く言葉は、
「だけど離れられない」
とか
「でも、好きになっちゃった」
なのです。

つまり「いい人」というのは、男として魅力がないと言われているのと同じなのです。

いい人の恋愛はたいていうまくいかない

「いい人」というのは、たいてい恋愛がうまくいきません。
なぜなら、「いい人」というのは、おしなべて傷つきたくない人だからです。
 
「好きな女性がいるんですが、自分のことをわかってもらえないのでは・・・」

時々、こんなことをいう男性がいるのですが、これはもう、恋愛など止めて一生童貞でいてくださいと思うわけです。
 
こういうタイプの男性は、世の中では総じて「やさしい」とか「いい人」などといわれているケースが多く、そもそも、「いい人」と思われるということは、女性側から見れば、あと一歩を踏み込んでこないということです。

つまり、大事なときに踏み込まないために、女性側がリスクを感じていないので「いい人」と言われるのです。

恋愛の結果は、「上手くいく」か「振られるか」です。
結果を出すためには、アプローチすることで女性側にある種のプレッシャーを感じさせ、結果を迫る事が必要です。

それは、女性側からしても、リスクを感じることなのです。
だから、いつまでもリスクを感じない男を「いい人」と呼ぶのです。

「いい人」にはナルシストが多い

よく観察してみると、このタイプの多くは人並み外れて「自尊心のようなもの」が強いことが見受けられます。

「自尊心のようなもの」というのは、それがまわりからの評価に裏打ちされたものではなく、独りよがりの自己偏愛に近いものだからです。

その証拠に、ようやく勇気を奮って意中の女性にアプローチしたものの、それが失敗に終わると手のひらを返したように女性の不誠実さを詰(なじ)りはじめ、そして、懸命に自己弁護するものです。

「自分ほどの人間を彼女が好きにならないはずがない」

そう、自分勝手に思い込んでいるのです。

だったら、さっさと告白でもなんでもすればいいのですが、ただ、自分は間違っていない、間違っているのは彼女のほうだと思いたいだけなのです。

だから

「自分に魅力がなくて断られた」

のではなく

「自分の魅力を彼女が理解できなかった」

そう結論づけることになります。

挫折することで自己に対する自信や思い込みが揺らいでしまうことが許せないのです。

一方、女性を口説いて断られたらイヤだとか怖いなどという理由で、最初から女性にアプローチできない男性も数多くいます。

意中の女性の心を射止めて恋愛関係を築きたいという気持ちよりも、自分が大事で傷つきたくなく、自分の内にある自己愛が優先するのだから、相手の女性とて感覚的にそれを察知します。

これでは、恋愛がうまくいくわけがないのです。

チャレンジしなければ恋愛は始まらない

地球上の人間の半分は女性です。
その星の数だけいる女性の中から、たった一人を選んでアプローチしていくのですから、嫌われたらイヤだとか、断られたらショックだとか四の五のいうなら男ではないといってもいいのです。

本来恋愛というのは、女性を口説いて断られたら「これからがスタートだ」と心得ておくくらいでちょうどいいのです。 

自分が傷つかない最高の方法は、チャレンジしないことです。
だったら恋愛などしなければいいですし、女性を求めなければいいだけです。

しかし、恋愛のない人生など、全くつまらないものです。
たとえ、年齢がいくつになったとしても、この世界は、男と女で来ているのです。

そして、恋愛は、多くの楽しみや喜びを与えてくれるものです。
この世界の生まれてきたからには、恋愛をもっと楽しむことです。

「いい人」と思われるのは男の恥である

「いい人」とか「やさしい」などというまわりの評価は、そもそもどうでもいいのです。

先にも書きましたが、「いい人」という言葉の後ろにつくのは、「だけどタイプじゃない」とか「でも恋愛対象ではない」といった言葉です。

いい人と思われるくらいなら、悪い人と思われたとしても、意中の女性の心を射止めるほうがよほどいいのです。

恋愛のコツは、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」です。
一発撃って外れたからといって、いちいち自分が傷ついていたら恋愛などできはしないのです。

女性へのアプローチもそう思ってチャレンジしてみればいいのです。

男と女の間は、失恋を何度か繰り返しているうちに少しずつわかってくるものです。
それは、男と女ということだけではなく、人間としての成長の証しでもあるのです。

数多くの失恋を経て、男も女も大人として成長していくものなのです。

関連記事一覧

error: Content is protected !!