お金を使えば使うほどモテるようになる

チビでもデブでもハゲでもモテる方法

まずは、こうした現実をしっかり見ることが必要になる。男性がモテたければ何を差し置いても、まずお金を稼ぐことだ。小手先の恋愛テクニックやノウハウなど、お金の力の前では全く無力でしかない。

たとえ、どんな醜男であっても、お金さえあればモデル並みの女性と結婚でる。これは、チビだろうが、デブだろうが、禿だろうが関係ない。誰も声を大にしては言わないが、これが世の中の真実である。

「金に惹かれるなんで、そんな女はくだらない」

そんな負け惜しみを言っている時間があるなら、1円でも多くお金を稼ぐことを考えることだ。結局、これだけが100%モテる方法になる。男性がモテたいならば、この現実から絶対に目をそらしてはいけない。

お金さえあれば誰でもモテるようになる。

いきなり身も蓋も無い話なのだが、女性は自分の為にどれだけお金を使ってくれるかを見ているものだ。だから、お金を使えば使うほど女性にモテるようになる。

男性側からすれば、

「別に将来あんたを養うために付き合ってないよ」

そう思うがが、これは客観的な事実なので仕方がない。

モテる男性の条件

客観的に言って、お金のある男性のほうが絶対的にモテることは間違いない。出会い系サイトなどでも、年収を高く表示してあるほど食いつきがいいものだ。

これは、考えてみればあたりまえのことで、男性の魅力の一つに生活力があるからである。

「将来的に自分を飢えさせないかどうか?」

女性は、本能的に、こういった部分を嗅ぎ分けている。だから、結婚の約束もプロポーズさえもしていないうちに、女性は、趣味なんかにお金を使うより、私とのデートに投資してほしいし、私との将来のために投資してほしいと考えている。

そう考えると、モテる為には、まずお金を使える状態にする事が重要になる。そのためには、やはり収入を増やすことが必要になる。

結局のところ、ありきたりの結論になるのだが、モテたければとにかくお金を稼ぐことだ。お金とは、幸福であり、力であり、自由であり、権力であり、安心であり、愛でもあるのだ。

もちろん、お金持ちが偉いなどというつもりは毛頭ない。お金とその人の人格は全く別のものだ。

日本に生きているという現実

しかし、あなたは、「お金」に対して、どのように考えているだろうか?

「人生はお金じゃない!」

などと思っていないだろうか?
私はこう考える。

「世の中お金じゃない」というのは、半分正解で半分不正解だと。

これは何故かというと、日本のルールがそうさせているからだ。この日本のルールとは、『資本主義社会』だということである。

そもそも、資本主義社会とはどういうものだろうか?

○○主義とは「一番大事」と言い換えるとわかりやすくなる。

社会主義なら平等が一番大事、
自由主義なら自由が一番大事、
民主主義なら国民が一番大事、

こうした感じになっる。

そして今の資本主義の日本は疑うべく余地もなく

「お金がすべて」

と言ってる訳である。現に、全ての社会のルールは、資本を持っているお偉いさん方が、私達の生活の基準を決めている。それによって、

『一流大学に行くと良い』
『大手企業に勤めると安定』

という教育を軸とし、私達はそれを鵜呑みにして育て上げられている。この競争社会も学歴社会も、すべては資本を持っている人間がルールを決めて、私達の人生が決められているのだ。

だから、モテるためにはお金が重要であるという現実から、目をそらすべきではないのである。

【参考記事】:

男はモテたければ金を稼げ

まずは、こうした現実をしっかり見ることが必要になる。男性がモテたければ何を差し置いても、まずお金を稼ぐことだ。小手先の恋愛テクニックやノウハウなど、お金の力の前では全く無力でしかない。

たとえ、どんな醜男であっても、お金さえあればモデル並みの女性と結婚でる。これは、チビだろうが、デブだろうが、禿だろうが関係ない。誰も声を大にしては言わないが、これが世の中の真実である。

「金に惹かれるなんで、そんな女はくだらない」

そんな負け惜しみを言っている時間があるなら、1円でも多くお金を稼ぐことを考えることだ。結局、これだけが100%モテる方法になる。男性がモテたいならば、この現実から絶対に目をそらしてはいけない。

関連記事一覧

error: Content is protected !!