相手を虜にする恋愛テクニックを身につける

恋愛運を上げる最高の恋愛教材

恋愛において最も重要な事は、相手のことを思いやり、深く理解することだ。相手の心の中の感情や思いを理解し、それに寄り添う行動を取ることである。相手の感情を理解し、それに寄り添うことができれば、相手の心を掴むことが簡単にできる。恋愛上手になりかったら、とにかく数多くの映画やドラマを観ることである。(内田游雲)

世の中には、恋愛ルールやハウツー、会話のテクニックやセックステクニックなどが、まことしやかに流布している。あたかも、このテクニックを身に付けたら誰でもモテモテになり、彼女(彼氏)を虜にできる。そんなものが溢れかえっている。

しかし、忘れてはいけないのは、恋愛は一人ででできるものではなく、相手がいて、初めて成立することですから「◯◯すれば絶対にうまくいく」というものではないのだ。

モテる為に必要なこととは

恋愛において最も重要な事は、相手のことを思いやり、深く理解することだ。相手の心の中の感情や思いを理解し、それに寄り添う行動を取ることである。

これは、つまり共感力である。会話のテクニックやらセックステクニックなどは、じつのところあまり意味ないのだ。

それよりも相手の感情を理解し、それに寄り添うことができれば、相手の心を掴むことが簡単にできる。これを忘れてはいけない。

特に男性はつい勘違いしがちなのだが、AV男優のようなセックスをしたからって、決してモテるようにはならない。では、どうすれば、この共感力を養うことができるかというと、じつは、とっても簡単なのだ。

映画やドラマを観よう

モテる男女には、ある共通点がある。それは、映画やドラマ好きが多いということだ。これは、非常に納得できることで、映画やドラマというのは、ストーリーに沿って人間の感情を描いていくものである。だから、映画やドラマを観ることで、あらゆる人間の感情を、第三者の視点(視聴者視点)で客観的に見ることができるようになる。つまり、多くの人間関係を、神の視点(第三者としての客観的視点)で観察することで、人間の感情の動きを読み取ることができるのである。

人間の感情を読み取ることは、共感力につながる。ただ映画やドラマを観るだけで、人間の感情を理解しそれに共感し寄り添う。そんなことが自然とできてくるようになるのだ。

もちろん、映画でもドラマでもどちらでもいいが、映画のほうが短時間の中に喜怒哀楽があるので、より効果的に人間の感情を理解できるようになる。相手の喜怒哀楽に共感できれば、相手からはとても魅力的に映るのである。

効果的な映画やドラマの観かた

映画やドラマを観るということの利点は、それだけではない。映画やドラマの登場人物のように、かっこいい立ち振る舞いや、かわいい立ち振る舞いを目にすることで、自然とそういったものが身に着いてくる。

もちろん、ファッションも同じだ。映画やドラマの登場人物のようなファッションや立ち振る舞いができるようになれば、相手に魅力的に映るようになるので、自然とモテるようになっていく。

さらに、セリフ回しなども、会話の参考になる。とにかく、なるべく多くの映画やドラマを観ることだ。ジャンルはなんでもかまわない。相手と一緒に映画館に行ってもいい。とにかく、映画やドラマを隅々までしゃぶりつくせば、勝手にモテるようになる。映画やドラマというのは、モテる為のどのようなノウハウよりも、素晴らしい教材なのである。

しかも、今は、DVDを借りてもいいし、ネット配信でもいい。これほど簡単に、しかも安く映画を観ることのできる環境はこれまでなかった。たった、月数百円程度で、究極のモテノウハウが手に入れられる。

恋愛上手になりかったら、とにかく数多くの映画やドラマを観ることである。

関連記事一覧

error: Content is protected !!