恋愛とは本質的な自己肯定につながる

人間としての自信は恋愛から生まれる

年齢が上がってくると恋愛はもういいという人が増えてくる。一般的な動物は、繁殖期が終わると死んでいく。つまり、繁殖とは、生命のエネルギーそのものなのである。男性は誰であっても、年齢を重ねるとともに、自信がなく老いぼれて見える。それはなぜかというと、オスとしての自信が無くなってくるからだ。つまり男としての自己重要感が減ってくるのである。(内田游雲)

男性は誰であっても、年齢を重ねるとともに、自信がなく老いぼれて見える。それはなぜかというと、オスとしての自信が無くなってくるからだ。つまり男としての自己重要感が減ってくるのである。

こうした男性が自信を取り戻す、もっとも手っ取り早いのは、恋人をつくることだ。なぜなら他人から「好き」と言ってもらうことが一番自分を好きになれる方法だからだ。

恋愛はもういらないという男たち

年齢が上がってくると恋愛はもういいという人が増えてくる。50代の男性にアンケートを取ると、かなりの割合で、

「恋愛には興味が無くなった。」
「もうそんなことを考える年じゃない。」

こうした意見が多くなるのである。

しかし、こうしたは、外から見ると、例外なく老いぼれて自信がなさそうに見えるものだ。それはなぜかというと、男性としての自己重要感が減ってくる。つまり雄としての自信が無くなってくるからに他ならない。

一般的な動物は、繁殖期が終わると死んでいく。つまり、繁殖とは、生命のエネルギーそのものなのである。だから、それを否定し始めたら、もう老いぼれになるということだ。あとは、死を待つだけ・・・

そんな状態で、自己重要感が足りないから自信がなく見え、魅力もなくなり、モテもせず、お金も稼げなくなるのだ。

自己重要感を充足する方法

男性が自信を取り戻す、もっとも手っ取り早いのは、恋人をつくることだ。

自己肯定感を外から注入する方法はいくつかある。
宗教とか自己啓発セミナーとか・・・

しかし、これは、一時的な自己肯定であって、時間と共に消えていく。ところが、恋愛をして誰かと付き合うのは、もっとも本質的な自己重要感につながるのである。

彼女という存在は、あなたの悪いところもはっきり指摘してくれるし、それ以上に「あなたのここがいい」と言って、くっついたり甘えてくれたりする。

そうすると、自分のいいところが自覚できたり、人を幸せにしてるという実感が持てるようになる。これが最も自己重要感が上がる方法なのだ。

なぜなら人から「好き」と言ってもらうことが一番自分を好きになれる方法だからだ。これは、女性も全く同じで、異性から愛されることが最も自己重要感を充足するのである。

まずは姿勢をよくすることから

さらに、自信のない人に共通することが、姿勢の悪さである。まず、ここを最初に注意してほしい。

背筋を伸ばして、胸を開き、おへその下の丹田を意識して力を入れる。その状態で話をすると、堂々として声に力が入り、自信ありげに見えるものだ。

実際、姿勢に気をつけるだけで印象は大きく変わる。自信がなさそうに見える人は、必要以上に自分を守ろうとして体を小さくし、前傾姿勢で見上げるように見ることが多い。この姿勢は、必要以上に卑屈に、自信なさげに見せてしまうものだ。女性は、「一生懸命自分自身を守ってる男」には絶対に惚れない。そういう姿勢でいるから、モテなくなるのだ。

姿勢は、人のの印象を180度、変えてしまう。姿勢を良くして、ちゃんと相手と体を開いて向き合う。ただこれだけで、自信があるように見えて、関係性が大きく変わる。自信があるから堂々としてるのではなくて、堂々としているから自信が出てくるのである。

関連記事一覧

error: Content is protected !!