女性は聖人君子を求めてはいない

男は野獣紳士を目指せ

女性は優しい男が好きな生き物です。
中でも、さりげない優しさが大好物です。

これ見よがしな恩着せがましい親切はむしろ不快に感じる場合が多いので、そこだけは注意が必要ですが、基本的に、「女性には優しく」を心がけておくだけで、おもわぬチャンスが巡ってきたりします。

だから、普段から紳士的な態度で女性と接している人も、これを読んでいる人には多くいると思います。
これは、基本的には間違っていません。

しかし、紳士的な態度を取っているにもかかわらず、女性をゲットできる男とできない男に分かれてしまうのが現実です。

重要なのは野獣性を秘めた優しさ

その一番の理由は、

「女性は、男性に聖人君子を求めてはいない」

こういうことなのです。
ここを勘違いしてしまうので、優しくしても報われないのです。

注意しておかなければならないのは、優しいだけの男ではダメだということです。
女性が本当に求めているのは、普段は優しくデートの時もスマートにエスコートしてくれて、でも、いざとなったら猛々しくガブっと襲い掛かってくれる野獣性を秘めた紳士なのです。

だから、優しいだけの男では、女性にとって魅力的に見えないのです。

大事なことは、この野獣性を秘めるという部分です。
では、何を秘めるかと言えば、これはもう下心です(笑)

そもそも、秘めるから、下心と言います。秘めなかったら上心ですね。

これをはっきりと言えば、女性が大好物なのは、「さりげない下心を秘めた優しさ」だということなのです。

つまり、男性側からすれば、たとえ紳士的な態度を取って接していたとしても、自分のことを性的な対象としてみてくれていると、さりげなく女性に意識させることが大事なのです。

女性は自分だけに優しい男に落ちる

女性は優しい男が好きな生き物ですが、さらにもっと深堀して言うならば、女性とは、本来独性欲の強い生き物なので、八方美人的な優しさよりも、自分だけに優しくしてくれる男が一番好きなのです。

つまり、さりげなく下心を秘めた優しさの中に、

「君は僕にとって特別な存在だ」

という感覚を秘めると、さらに効果が高くなっていくということです。

「もしかして私に気があるの?
 私を抱きたいのかな?
 それともただ誰にでもやさしいだけ?
 どっちなの?」
 
相手の女性を、そんな気分にさせれば、もう落ちたも同然です。
あとは、頃合いを見計らって、ストレートに口説くだけです。

ここはもう、一気に行っちゃってください。
あとは押しまくるだけです。

関連記事一覧

error: Content is protected !!