戦いや争いの根本には自分が正義だとの思いがある

自分は正義という思い込みが争いを産む

争いの元になる感情には
自分は正しくて相手が間違っている
こうした考え方がある

自分が正しいから
相手が悪いはずだ
だから争いをしてでも
自分の正義を貫き通す

これが、根本の間違いだ

ものごとの正邪を決める
物差しなど存在しない

正邪は時代や宗教など
その世界によって変わるからだ

だから、すべての面から見て
絶対に正しいことなど
この世には存在しない

存在しない正義を振りかざすから
争いが起こってしまうのだ

争いとは妄想の産物である

世の中の争いごとのほどんどが、自分は正しいという思い込みから始まります。
世界中で起きている争いや戦争の多くも、こうして始まるのです。

さらに正しいか正しくないかという基準も、自分で勝手に決めた基準です。
自分の考える正義というのは、必ずしも正しいとは限らないものです。
そして、その正義を振りかざすことで、雰囲気を台無しにしたり、むしろ相手に迷惑をかけることになります。

争いとは、こうした妄想の産物なのです。
そして、それは結局のところ、自分だけではなく周りをも巻き込んで不幸にしていくのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:游雲

関連記事一覧

error: Content is protected !!