女性にとって理想の男性像とは何か

第一印象を意識する

中年過ぎの男性の印象は、大きく2つに別れます。

いかにも仕事ができそうに、バリッとした印象の人と、身なりにもあまり気を使わなくなったしょぼくれた感じの人です。

もちろん、どちらのほうがモテるかというと、当然、前者になります。
人間の印象というのは、基本的に見た目が9割です。それも、最初の10秒の印象でほとんどが決まります。

特に男性の特徴として、鏡を見ることをあまりしないということです。
これでは、印象もへったくれもありません。まず、もっと鏡を見ることから始めていくことです。

理想の年上の男性像

そもそも、女性のとって理想の年上の男性像とは、どのようなものでしょうか。
いくつかを上げて見ますね。

紳士的
落ち着いている
経済力がある
包容力がある
渋い
安心できる。
ガツガツしていない

これらは、なんとなく解りますよね。
そこで、こういった印象を演出するいくつかのポイントに覚えておくといいですね。

派手すぎず落ち着いた雰囲気で

まず最初に会ったときに目に入るのは、やはり服装です。
例えば、いつもヨレヨレのシャツを着ていたら、おそらく周囲の人は、

「だらしない、汚い、仕事も雑そう」

など、マイナスの印象を持つことになります。

身だしなみで自分の仕事ぶりや性格まで、じつは判断されます。
そして、それはあながち間違っていません。

【参考記事】:

上記の記事では、服装について書いていますが、やはり、TPOに合った目立ちすぎず、地味過ぎない服装がポイントです。

50代の男性があまり、奇をてらった格好をしないほうが受けが良くなります。
無理に若者に寄せる必要もありません。
これは、男女共にです。

よくいうコンサバ系で保守的・伝統的な雰囲気がやはり無難です。
基本的には、清潔感のある無難な格好をしておけば、とりあえず大丈夫ですが、ここを意識して置くだけで、第一印象は大きく変わります。

落ち着いた話し方を心がける

次に話し方ですが、まず声は、低めのトーンで、落ち着いた話し方を心がけてください。
女性は、声にかなり反応します。
それも低音で響く声にかなり惹かれる傾向があります。

【参考記事】:

上記の記事で説明したように、ぜひ、低めに落ち着いて話す癖をつけてみてください。

ただし、低めの声といってもボソボソ話すようではだめです。
低い声でも明るい印象を持ってもらうことを意識してください。

また、早口もよくありません。
早口だと、なんか人間が小さく感じられてしまいますので、あえて意識的にゆっくりめで話すことです。

相手の話を真剣に聞くこと

女性との会話の中で、もっとも重要な点は、聞くということです。
それも、注意深く聞くことです。

相手の話のときに、相槌を打ったりして、反応を見せることが大切です。
人にはもともと承認欲求が携わっているので、うんうんと頷きながら話を聞いてもらえるだけで、認められているような気がして気持ち良くなるものです。

また、オウム返しも立派なリアクションで、会話を盛り上げるのにも効果的なものです。

「話が続かなそうかな!」

そうと思ったら、相手との会話の中に、少しオーバー目にオウム返しを盛り込んで、場を繋いでください。

常に謙虚で自慢話はしない

男性が最も注意しなければならない点が自慢話です。
これは、絶対にやってはいけません。

これは、相手が女性に限らず、男性に向けても同じです。
そもそも、だれも、他人の自慢話など聞きたくありません。

常に謙虚で自慢話はしない

しかし、反対に誰もが一番聞いてほしい話は自分の自慢話です。
人は誰でも本当は自慢をしたいのです。

誰もが、自分は話したい、自慢したいこう思っています
ところが、他人の話は聞きたくないし、自慢話なんてもっと聞きたくないのです。

だから、自分の話を真摯に聞いてくれる人は、とても魅力的なのです
女性の心を掴むのは、真剣に興味深く相手の話を聞くだけでいいのです。

目を見ながら話す

目を見て話すのは、相手に好意を印象づけます。
目を見ることで、相手の話に興味を持っていることをアピールでき、真摯で頼りがいのある印象を与えることができるものです。

逆に、目を見て会話できない人は自信のない人、相手の話に関心がない人と見られてしまいます。
これは、仕事においても同じです。
ビジネスにおいてはマナーが悪い人と思われることがあり、マイナスの印象を与えることにつながります。

人の目を見ながら話すことが苦手な人は、目を見るのではなく、顔の上半分全体を見るようにしてください。
こうすると、第一印象がかなりよくなりますから。

もちろん、第一印象がすべてではありませんが、90%は第一印象で決まります。
そして、一度脳に刷り込まれた印象はなかなか抜けないものであり、そこを基準に関係性は始まっていくからです。

ぜひ、自分がどのような第一印象を与えているかを意識しておいてください。

関連記事一覧

error: Content is protected !!