抱いて欲しいのに男がいない女性たち

肉食系オヤジがモテまくる時代

今の時代は、男より、女の方がセックスをしたいと思っています。
それなのに、抱いてくれる男が周りにいなくて困りはてているのです。

「婚活がたいへ~ん」なんて言っているけれども、女性にとって本当に切実なのは、今の欲求を解消してくれるパートナーがいないことなのです。

抱かれたい女性であふれている

はっきり言って、女性は男よりエロい生き物です。
そして、男より、過激で、さらに淫らなのです。

それが女性という生き物です。

そこに、妙な幻想を抱かないほうがいいです。
ことセックスに関しては、女性の方が貪欲なのです。

むちゃくちゃ抱かれたいのに、抱いてくれる男がいなくて困っている女と、本当は女を抱きたいのに、「どうせ俺なんか」と腰が引けている男たち。

これが、今の日本の現状なのです。

ああ、なんて嘆かわしい!

そりゃあ少子化にもなるわいな。
今やセックスしたがっているのは、男ではなく女性の方なのですから。

バブル時代は弱肉強食の時代

若い男性との交流があまりないので実感がわかないのですが、今の日本は、見渡す限り草食系だと言われます。

まさか、こんな中年オヤジが、絶対有利な時代が到来するなんて思ってもみませんでした。
もう本当に、草食系男子には感謝です。

私が30代前後のバブルの時代は、どの男も、どうしたら女性を口説いてヤれるかだけを考えていたものです。
だから、みんなが無理して高級車をがんばって買いました。

普段の食事を抜いても車が必要だった時代です。
ボロアパートに住んでいても車はベンツがあたりまえ。

クリスマスイブの高級ホテルを目の玉が飛び出るような金額で半年以上前から予約しました。
とりあえず、相手がいなくても予約だけは入れておくのです。

そうしないと、いざという時に、どうにもならないからです。
バブル時代の男は、こういった、涙ぐましいというか、むしろバカ丸出しで女性を全力で口説いたのです。

だから、男はみんな肉食系だったのです。
草食系男子なんて言っていたら、誰にも相手にされない時代だったのです。

肉食系オヤジの天下が来た

しかし、世の中の若い男性のほとんどが草食系になった今、完全に肉食系オヤジの天下です。
中年オヤジには、バブル時代に鍛えた経験があります。

バブルの頃は、いい女の周りには、最低でも10人以上のライバルが群がっていたものです。
そして、それを勝ち抜くには、至難の業だったものです。

私たちの世代は、何故か楽器を弾ける人が多くいます。
それは、モテる為に必要だったからです。
モテる為に、誰もがギターを練習したものです。

女性に気に入られるためには、あらゆることを考え、とにかく全力で口説きまくったのです。

ところが、今は、口説いてくれる男が周りにいなくて困っている女性だらけ、
さらに、セックスレスで悶々としている人妻もゴッソリいる。

だから、草食系男子なんかは、ライバルにもなりゃしません。
鎧袖一触、蹴散らしていけるのです。

肉食系オヤジ達よ!ヤりまくれ!

今は、肉食系オヤジの天下なのです。
酒池肉林がそこにあります。

多少ルックスに難があっても、お金が無くとも、旺盛な性欲と女性を悦ばせてあげようという、奉仕の心さえあれば、女性が勝手に落ちる時代なのです。

とにかく、女性にとって、肉食男子が不足しています。
そして、多くの女性たちが口説かれるのを待っているのです。

オヤジ達よ、しょぼくれている場合ではありません。
抱かれたい女性たちが、あなたを待っているのだから。

関連記事一覧

error: Content is protected !!