長期的に幸福や繁栄を得る方法

「運」と「陰徳」

金運というものは、直接的には存在しません。

それは、あくまで他の運によって影響されることで、あたかも「金運」というものがあるように見えているものです。

さらに、「運」というものは、上がったり下がったりと循環をしていきますから、
間接的な金運なども、当然のように上がったり下がったりします。

つまり、世の中の誰にでも、
「よいことがあれば、悪いことも起こる」
といった状況が起きるということです。

繁栄しつづける人と沈んでいく人

しかし、現実には、ある人は繁栄しつづけ、ある人は沈んでいきます。
なぜ、こうした偏りが存在するのでしょうか?

基本的には、運気は上がったり下がったりします。

この時に、上がる時にできるだけ大きく上げ、下がるときには「負」の影響をできるだけ減らすようにすれば、長期的に幸福や成功、繁栄を得ることができることになります。

それでは、長く成功しつづける人と、「運」の循環に敗れて沈んでいく人。

一体、何が違うのでしょうか?

ここに奇跡的な人物がいます。
北野武(ビートたけし)さんです。

たけしさん、私が小学生だったころ、すでに「オレたちひょうきん族」でお笑いのトップスターでした。
「ひょうきん族」スタートから、40年近くいまだに、お笑いのトップに君臨しています。

ちなみに、たけしさん、「映画監督」としては、「世界一有名な日本人」です。

世界の人々にとって、日本の作家なら村上春樹さんを知っています。
日本のアニメなら、宮崎駿さんを知っています。
そして、映画監督で知っているのは、黒澤明さんと北野武さんです。

陰徳を積む

ビートたけしさんは、どうして40年近くも2つのジャンルのトップにいつづけることができるのでしょうか?

その秘密について、考えられることに「陰徳」があります。

「陰徳」とは、簡単に言うと、「こっそり善いことをすること」です。
この陰徳を積んでおけば、運の循環のマイナスを軽減できるのです。

では、ビートたけしさんは、どのように陰徳を積んでいるのでしょうか?

ビートたけしさんのことを、若手の芸人さんが話しているなかで、

「行った店でたけしさんがいた。
 帰りがけに会計しようと思ったら、
 『あそのこのあんちゃんたちの分、おいらが払うよ』って、
 すべてたけしさんが支払っていた」

こういう話があります。

お金を人のために使うこと、斎藤一人さんのお弟子さんの本にも、同じような話がでてきます。
これは、やはり運をよくするようです。

もちろん、それだけならば、お金がある人ならばできるでしょう。

でも、ビートたけしさんは、結構若手の芸を見ていて、陰ながら励ましの言葉をかけたり、応援したりしているんですね。

仏教でいうところの「愛語」です。

後輩を応援する。

これ、できない人も、いるかもしれないですね。
同じ分野の後輩は、「潜在的ライバル」でもあります。

心が小さければ、逆に「つぶしたれ!」と思うかもしれません。

トイレ掃除は最も簡単な陰徳

また、あと、トイレを掃除すると運がよくなると言われることもあります。
その例として、やはりビートたけしさんがあげられることがあります。

これも、ビートたけしさんは「トイレなんか掃除しない」と照れ隠しで否定するのですが、

聞いた話によると、

「飛行機に乗って、トイレに行ったら、
 出てくる時は、水まわりを
 必ず綺麗にして出てくる。
 だって、後から入ってくる人に
 『たけしが汚くした』と
 思われたら、いやじゃんか」

とのことです。

そういえば、小林正観さんも「運をよくするにはトイレ掃除」といっておられました。
やっぱり成功し続けている人は、「陰徳」をしっかりと積み上げています。

運の循環を乗り越えて長期的な運を手に入れ繁栄するためには、「陰徳」を積むことで「負」の影響を軽減することが可能であり重要なのです。

関連記事一覧

error: Content is protected !!